半崎美子、ふるさと巡る北海道ツアー開幕「じっくりと深めていきたいです」

ツイート

半崎美子の北海道ツアーが9月30日、北海道・室蘭市市民会館で開幕し、半崎の故郷である北海道でのコンサート開催を待ちわびたファンから万来の拍手で迎えられた。

◆ライブ画像

手紙をテーマにしたミニアルバム『うた弁4 you』の発売を記念し、室蘭、新ひだか、北斗、北見、旭川、幕別、札幌の7会場を巡る今回のツアータイトルは<往復書簡>。ショッピングモールでのライブなどでこれまでにもらった多くの手紙が活動の原動力となってきた半崎が、歌を通して皆様へお返事する、まさに手紙のやりとりのような温もりのあるコンサートとなった。

舞台上には、北海道の風景を彷彿させる白樺の装飾と小さな机、そして可愛らしい郵便ポストが配されている。そこへ半崎がおもむろに現れると、机上の便箋に思いをしたため、郵便ポストへ投函する。客席で見守る皆様へ届ける一通目のお返事「雪の消印」の独唱からコンサートはスタート。歌声に包まれた会場は瞬く間にひとつとなった。



この日のセットリストは『うた弁4you』収録の新曲を織り交ぜ構成された、アンコールを含めた全17曲。丁寧にそして力強く披露される一曲一曲が胸を打つ。来年度、小学5年の音楽の教科書へ掲載されることが決まった「地球へ」は、地元の室蘭マリン少年少女合唱団とともに披露された。同楽曲は、新ひだか公演以降も各地の合唱団とのコラボが予定されている。

また、ステージの中盤では、半崎がパーソナリティを務めるレギュラーラジオで募集した、リスナーからのお手紙を朗読する一幕もあり、真っ直ぐに綴られたある家族のエピソードに会場全体が思いを馳せた。



コロナ禍を経て、今回で3回目となる故郷を巡るツアー<うた弁4you発売記念 半崎美子 北海道ツアー2023〜往復書簡〜>は、10月16日のファイナル札幌・カナモトホールまで道内7会場で開催中だ。前売りチケットはローソンチケット、各地窓口販売も。公演詳細や当日券情報は半崎美子オフィシャルサイトへ。

   ◆   ◆   ◆

■半崎美子 コメント

父の故郷でもある室蘭で初日を迎えられたこと、その意味を深く感じた幕開けでした。
4年ぶりの室蘭公演でいただいた万雷の拍手や歓声に包まれながら、互いの思いを打ち明けるかのような親密な時間。今日受け取った思いを携えて、このあと巡る6会場でもじっくりと深めていきたいです!

   ◆   ◆   ◆

※半崎美子の「崎」は旧字。

リリース情報

■ミニアルバム『うた弁4 you』
2023年8月2日(水)発売
特別盤(CD+DVD) CRCP-40666 ¥5,500(税抜価格 ¥5,000)
▲『うた弁4 you』特別盤ジャケット
通常盤(CD only) CRCP-40667 定価¥2,500(税抜価格 ¥2,273)
▲『うた弁4 you』ジャケット
【CD収録曲】 ※特別盤・通常盤 収録内容共通
一通目:途
二通目:雪の消印
三通目:この文字が乾く前に
四通目:大家さんと私のブルース~困った時はお互い様~
五通目:リンドウ
六通目:涙の記憶
七通目:星を伝って
追 伸:地球へ with Anointed mass choir

【DVD収録内容】 ※特別盤のみ
半崎美子「うた弁3」発売記念集大成ツアー2022
〜地球の歩み方〜5周まわって立ち止まる〜 @中野サンプラザ
1.帰途
2.空の青
3.色彩
4.タンチョウの夢
5.蜉蝣のうた
6.お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~
7.母へ
8.桔梗の咲く頃
9.地球へ
10.ロゼット~たんぽぽの詩~
11.赤色のヒーロー
12.道の上で
13.サクラ~卒業できなかった君へ~
14.足並み 
15.明日へ向かう人
EN1.あとがき
EN2.布石

ライブ情報

<半崎美子「うた弁4 you」発売記念 北海道ライブツアー2023〜往復書簡〜>
2023年
9月30日(土)室蘭市市民会館
10月1日(日) 新ひだか町総合町民センターはまなす
10月4日(水)北斗市総合文化センターかなで~る
10月6日(金)北見芸術文化ホール
10月8日(日)旭川市公会堂
10月9日(月・祝)幕別町百年記念ホール
10月16日(月) 札幌カナモトホール

チケット詳細:https://l-tike.com/hanzakiy-hkd/


ラジオ番組情報

HBCラジオ『半崎美子のハンザキラジオ』
https://www.hbc.co.jp/radio/hanzaki/

この記事をツイート

この記事の関連情報