LUNA SEA、<DUAL ARENA TOUR 2023>完遂。2024年に過去最大規模の全国ツアー開催を宣言

ツイート

LUNA SEAが昨年10月7日、8日のKアリーナ横浜公演を皮切りに、全国5都市10公演で開催された<DUAL ARENA TOUR 2023>。新たに「END OF DUAL」と追加タイトルが銘打たれ、12月30日・31日の大阪城ホール2daysで遂にファイナルを迎えた。

◆関連画像

LUNA SEA不朽の名作アルバム『MOTHER』と『STYLE』に、約30年の時を越え再び新たな生命を吹き込んだセルフカバーアルバム2作品を同時リリースし、そのオリジナル盤発売当時のツアーを再構築した今回のデュアルアリーナツアー。当時を目撃したファンだけではなく、REBOOT(再始動)後にLUNA SEAに触れた人たちも含めて、新たな伝説として刻み込まれるツアーとなった。

最終日の12月31日は、LUNA SEAとしては2010年の神戸ワールド記念ホール以来13年振りとなるカウントダウンライヴとして開催。当時の「UN ENDING STYLE」ツアーのファイナル公演<真冬の野外>を彷彿とさせるセットリストで、伝説的なパフォーマンスを見せつけてくれた。

本編は大興奮のうちに終了。アンコールに入ると、フロアと声を重ねながらいよいよ2024年へのカウントダウンがスタート。「Happy New Year!」RYUICHIの言葉と共に、フロアに降り注ぐ銀テープで、「WISH」がスタートしLUNA SEA結成35周年の幕が開けた。 


Wアンコールで再びステージに現れたメンバー5人。

「大阪城ホール最高です。 ここで、みんなに発表があります。 この「MOTHER」「STYLE」の物語にはまだ続きがあるんだよね。 2024年、LUNA SEAは過去最大規模でツアーを行います! 昨年行けなかった各地のみんなに会いに行きたいと思います。みんなの想像を超えるようなツアーにしたいと思います。楽しみに待っていてくれよ!」

RYUICHIからのサプライズ発表に会場は歓喜の渦に包まれた。また、背後のスクリーンでは35周年の特別なLUNA SEAロゴも初公開された。 

35周年を掲げて開催される過去最大規模となる全国ツアーの詳細は、後日あらためて発表されるとのことだ。


この記事をツイート

この記事の関連情報