LUNA SEAの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!89年5月、町田PLAY HOUSEにて初ライヴを行ない、その日以降PLAY HOUSEを拠点に活動開始。8月、3曲入り1stデモテープ発売→100本完売。10月からは目黒鹿鳴館やライブステーションなど、都内のライヴハウスにも進…

  • Cheeky Parade
  • ALHAMBRA
  • Slipknot
  • 植田真梨恵
  • MOROHA
  • ベッキー・クルーエル
  • ナオト・インティライミ
  • V.A. (ゲーム)
  • Metallica
  • Jeff Mills
  • 松本孝弘
  • VAMPS
  • Sebastian Bach
  • BREAKERZ
  • Queen

LUNA SEA:ニュース・最新情報

NEWS

LUNA SEA:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

89年5月、町田PLAY HOUSEにて初ライヴを行ない、その日以降PLAY HOUSEを拠点に活動開始。8月、3曲入り1stデモテープ発売→100本完売。10月からは目黒鹿鳴館やライブステーションなど、都内のライヴハウスにも進出。12月、3曲入り2ndデモテープ発売→1,000本完売。そして12月17日、PLAY HOUSEにて初ワンマン・ライヴを行ない150人を動員。と、着々と実績を重ねながらカリスマ・バンドとしてインディーズ・シーンにその名を轟かせていた。

'90年6月10日。をPLAY HOUSEにて行ない、180人動員。"ビジュアル系"という言葉の前身として"黒服系"という言葉が定着しはじめる。そして'90年後半から飛躍的に動員を増やし、各地でワンマン・ライヴを成功させ、'91年3月10日、無敵レコードから1stアルバム『LUNA SEA』をリリース。ちなみに、このレーベルは"無敵"と書いて"エクスタシー"と読む。

インディーズながら、ホールライヴや全国ツアーで数千人を動員した'91年。そして'92年3月に東名阪ツアーを、5月20日にPLAY HOUSEでを行ない、5月21日にメジャー・デビュー・アルバム『IMAGE』を発表。激昂なヘヴィロックの中にクラシックの素養を匂わせるサウンド・スタイルと完璧にビジュアライズされた視覚的要素は、大器であることを認識させるには十分すぎる、メジャー進出の第一歩であった。

'93年2月24日、バンド結成以来初のシングル「BELIEVE」リリース。
'94年8月、LUNA SEA+SOFT BALLET+BUCK-TICKらでイベントを企画。また、この年にRYUICHIが髪を短くし、その後他のメンバーも徐々にこざっぱりとなっていく。

'95年にはリリースのタームがゆるやかになったのだが、'96年には再び怒濤のリリースとツアーを行ない、12月23日、極寒の横浜スタジアムでツアーファイナルを迎えた。しかし、このライヴをもってバンド活動を一時休止。メンバー各々にアルバム製作やライヴ、プロデュース・ワークなど活動の幅を広げる。そして'97年12月13日、一部でまことしやかに囁かれていた解散説を一蹴する、新生LUNA SEAとして赤坂BLITZにて活動再開ライヴを行なった。

'99年1月、台湾、香港、上海で、初のアジア・ツアーを敢行。
2000年7月12日には、オリジナル・アルバムとしては前作『SHINE』から約2年ぶりの新作『LUNACY』をリリース。そして11月8日にリリースされる「LOVE SONG」はハートウォーミングなコーラスが印象的な楽曲で、歌詞・演奏ともにスケールアップした世界を垣間見ることができる。

12月23日にアルバム『PERIOD』リリース。12月26日、27日に<LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME> 東京ドーム2DAYS(即日SOLD OUT)を開催し動員数93,000人を記録。この公演をもってLUNA SEA終幕

2007年8月に、オフィシャルサイトにて東京ドームで一夜限りのライヴの開催を発表。12月24日に開催されたこの公演のチケット一般発売は5分でSold Outした。2008年5月4日に味の素スタジアムで開催された「hide memorial summit」に参加。

2009年5月29日、LUNA SEAオフィシャルウェブサイトに、「REBOOT」キーワード出現 。 11月より、ドイツ、アメリカ、香港、台湾をめぐる「LUNA SEA 20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT-to the New Moon-」がスタートし、12月23日・24日には同ツアーの東京ドーム公演が実施される。12月25日には、LUNACY 黒服限定GIG ~the Holy Night~と称し前代未聞の東京ドームでのフリーライブを敢行した。

2011年3月16日セルフカバーアルバム「LUNA SEA」リリース。4月9日、義援配信曲「PROMISE」、世界7カ国のAmazon MP3、LUNA SEA MOBILEにてリリースし、収益の全額を3月11日に発生した大地震の被災者支援のため日本赤十字社及び米国赤十字社へ寄付。10月22日には東日本大震災復興支援チャリティーライヴ「LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave」at さいたまスーパーアリーナ、開催。

2012年3月21日に約12年ぶりの15th SINGLE「THE ONE - crash to create - 」リリース。12月12日、古巣のユニバーサルミュージック移籍第一弾として、16thシングル「The End of the Dream/Rouge」を発表した。

翌年1月11日より、「LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream」日本武道館6DAYS公演をおこなった。8月28日に17thシングル「Thoughts」、11月13日に18thシングル「乱」、12月11日に8thアルバム「A WILL」をリリース。

2014年5月28日、ライヴ・アルバム「NEVER SOLD OUT 2」とベスト・アルバム「LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best Album THE ONE」2作品同時リリース。5月29日に「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE -The Unfinished MOON-」at 国立代々木競技場第一体育館をおこなう。続いて6月から翌年まで「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will-」を開催。同ツアーのファイナルは2015年3月14日でおこなわれた大阪城ホール公演であった。2014年11月、クラシックカバーアルバム「SYMPHONIC LUNA SEA -REBOOT-」リリース。

25th ANNIVERSARY 最終章として、2015年6月27日、28日にLUNA SEAが主宰する“史上最狂のロックフェス”「LUNATIC FEST.」 が幕張メッセにて開催される。

2016年6月22日、19thシングル「Limit」を発売。10月14日、16日に、日本中のヴィジュアル系ロックバンドが集結するフェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」に出演。

LUNA SEA:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET