アリス・コルトレーン、1971年のカーネギー・ホールでのライヴ音源リリース決定

ツイート
(C) EchoesRedfernsGetty Images

1971年にインテグラル・ヨガ・インスティテュートを支援する、カーネギー・ホールで行われたスペシャル・ガラ・コンサートにてパフォーマンスを行ったアリス・コルトレーン。

◆アリス・コルトレーン 関連音源&画像



彼女がリーダーとしてカーネギー・ホールで演奏したのはこれが初めてであり、錚々たるミュージシャンに囲まれ、魅惑的なライヴ・パフォーマンスを繰り広げた。インパルス!レコードによって録音されたこのコンサートのライヴ音源が3月22日に初めて完全版としてリリースされることとなった。先行シングルとして、「シヴァ・ロカ」が配信スタートしている。

夫であるジョン・コルトレーンの逝去から4年後に開催されたこのコンサートは、アリス・コルトレーンにとって音楽的キャリアとスピリチュアルな旅の両方においてきわめて重要な瞬間に行われた。アリス・コルトレーンは4枚目のアルバム『ジャーニー・イン・サッチダーナンダ』をリリースしたばかりで、インドへ5週間の旅をし、スピリチュアルな探求を深めていた時期だった。

このコンサートでのバンドは、サックスにファラオ・サンダースとアーチー・シェップ、ベースはジミー・ギャリソンとセシル・マクビー、ドラムはエド・ブラックウェルとクリフォード・ジャーヴィスという豪華メンバーにて構成された大規模なジャズ・アンサンブル。そこにサッチダーナンダのサークルからクマール・クレイマー(ハーモニウム)とトゥルシー・レイノルズ(タンボーラ)が加わった。

なおセットリストには4枚目のアルバム『ジャーニー・イン・サッチダーナンダ』から2曲、続いてジョン・コルトレーン作の2曲となっている。


『ザ・カーネギー・ホール・コンサート』

2024年3月22日(金)リリース
https://Alice-Coltrane.lnk.to/TCHCPR

■収録曲目:
1. ジャーニー・イン・サッチダーナンダ
2. シヴァ・ロカ
3. アフリカ
4. レオ

■パーソネル:
アリス・コルトレーン - ピアノ、ハープ
ファラオ・サンダース - テナーサックス、ソプラノサックス、フルート、パーカッション
アーチー・シェップ - テナーサックス、ソプラノサックス、パーカッション
クマール・クレイマー - ハーモニウム
セシル・マクビー、ジミー・ギャリソン - ベース
クリフォード・ジャーヴィス、エド・ブラックウェル - ドラム
トゥルシー - タンボーラ

◆アリス・コルトレーン オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報