Dr. Dre、Napster裁判に加わる

ツイート
 Dr. Dreと彼のレコード会社Aftermath Entertainmentは、4月25日、Napsterに対する訴えをカリフォルニア中央連邦地方裁判所へ提出した。起訴内容は、Dr. Dre(本名Andre Young)の許可を得ずに、Napsterのサイトを訪れた人達に、著作権のある楽曲を他の人と交換しあう事を許可している事により、Napsterが著作権法に違反しているというものである。今回のDr. Dreの起訴はMetallicaがNapsterに対して起こした起訴(「メタリカ、著作権侵害でNapsterを訴える」「Napster、Metallicaの起訴に対しコメント発表」以上、ロンチ・ニュースより)と同様のものである。

 また、起訴状のなかで次のように語っている。
「Napsterは、大規模な海賊盤普及をビジネスにしている。Napsterは世界規模のインターネットサイトであり、このサイトにアクセスした人達に、Young (Dr. Dre)のようなアーティストの著作物を含んだMP3ファイルを互いに違法に交換する事を可能にしている。この結果、Napster利用者は自分達の欲しい音楽を無料で手に入れる事ができる。音楽の著作権所有者であり、法的に利益を得るはずの人達にまったく著作権料が払われない結果となっている」

 Dr. Dreは、Napsterに対し、サイトのダウンロード楽曲リストから自分の楽曲を外すようにとの要請を4月17日に書面にて出したが、改善されない為、起訴に踏み切った。
この記事をツイート

この記事の関連情報