Blink 182、自殺のBGMに使われる

ツイート
 Blink 182の“Adam''s Song”が、5月4日(木)に自殺したコロンバイン高校の生徒の悲劇的なBGMとなった。AP通信の報告によると、17歳のGreg Barnesは、自宅のガレージで首吊り自殺をし、そのときBlinkの''99 年のアルバム『Enema Of The State』の収録曲“Adam''s Song”が、リピートにセットされ流されていたという。

 昨年の銃乱射事件の悲劇で有名になってしまった、このコロラド州の高校でバスケのスターだったBarnesは、事件の時に居合わせ、親友の1人を失っていた。“Adam''s Song”には次のような歌詞が含まれている。“I''m too depressed to go on, you''ll be sorry when I''m gone(憂鬱すぎてもうダメだ、僕がいなくなったら後悔するさ)”“I never thought I''d die alone(一人ぼっちで死ぬなんて、思ってもみなかった)”

 現在のところ、バンドはこの悲劇に関してコメントはしていない。

by Neil Weiss、ロスアンジェルス
この記事をツイート

この記事の関連情報