新世紀を迎えるニュー・マドンナ

ツイート
新世紀を迎えるニュー・マドンナ

Madonna
という名で知られるアーティストは近ごろ、いわゆる“飛ぶ鳥を落す勢い”という状態を楽しんでいるようだ。

ことの始まりは、'94年の『Bedtime Stories』以来4年ぶりのオリジナル作品で、マルチプラチナセールスを記録した、文字どおりの“カムバック”アルバム『Ray Of Light』のリリースであった。
このアルバムが'99年のグラミーでベストポップアルバム賞を獲得すると、まもなくして彼女は同作品で参謀役を務めたWilliam Orbitと再び手を組み、映画『Austin Powers: The Spy Who Shagged Me』のサウンドトラックに「Beautiful Stranger」を提供、この曲もまた今年のグラミー賞にノミネートされた。

そして今まさに、41歳になるこのシンガーは、長年の友人でもあるRupert Everettを共演者に迎え、'95年の『Evita』以来、初の主演映画となるロマンティックコメディ『The Next Best Thing』で、成功のワンツーパンチを繰り出そうとしている。
さらに彼女は、秒刻みとも言われるスケジュールの合間を縫って、この映画のサウンドトラックアルバムの監修を手掛けたのみならず、その中で再びOrbitと共に「American Pie」のカバーヴァージョンを発表したのだ。

そう、あの「American Pie」である。

あれは私じゃなくて、Rupertのアイディアだったの」。

Don McLeanのアメリカ産フォークロック作品をリメイクするきっかけは何だったのか、という質問にMadonnaはこう答えている。
私自身は最初、別に興味なかったんだけどね。でも、彼がやれやれってしつこくって。私も“何で? あんたがやればいいじゃない。あんたのアイディアなんだから、自分がレコーディングするべきでしょ”って言い返してた。で、とうとうRupertったら、自分が録った音を私によこしたの。それを聴いたら、何だか妙に頭から離れなくなってしまって…良く憶えてないんだけど、気が付いたらやることになってたってわけよ

OrbitはLAUNCHのインタビューでこう語っている。

あれはなかなか面白い経験だったよ。決して練りに練った企画じゃなくて、突然どこからともなく湧き出てきたものだった。ある日、幾分ねじ曲げた解釈であの曲のカヴァーをやろう、というアイディアの種が蒔かれて、次の瞬間にはもう出来上がってたという感じでね。本当に、それに近い感覚だったんだ。全てがちょっとした遊びだったのさ

「American Pie」の原点がまぎれもなくアメリカにあるのに対し、『The Next Best Thing』のサウンドトラック盤に収録されている他の楽曲(Groove ArmadaやMoby、Olive、Beth Ortonをはじめ、様々なアーティストがフィーチャーされている)は、概ねテクノ色が強く、Ciccone女史が最近ハマっているヨーロピアンスタイルを反映した仕上がりになっている。

実際、ものすごくハードな仕事だったわ」と彼女は語る。

こんなに難しいなんて、思ってもみなかった。自分が個人的に好きな音楽で、映画の雰囲気にもピッタリで、(監督の)John Schlesingerにも気に入ってもらえて、しかも世間の注目を集められるものを見つけるってことがね。それが一番大変だったわ。何故って、私自身の趣味はものすごくアヴァンギャルドだと思うから…まあ、音楽に関して言えばってことだけど。正真正銘のメインストリームものに手を出すなんてことはめったにないわ。だから、このアルバムに参加したアーティストも、ほとんどがイギリス人かヨーロッパの人たちで、アメリカ人はあまりいないのよ

ポップス界のカメレオンと異名をとるこの女性シンガーを次に待ち受けていたのは、再び長期間に渡るレコーディングスタジオでの生活と、『Ray Of Light』に続くアルバムの制作である。しかし、ポップチャートの最上層に駆け上がるのにOrbit氏の力を最大の拠りどころとした『~Light』とは異なり、次の作品では、少なくとももう1人新たなプロデューサーを起用する余地がありそうだ。

彼女は言う。
もちろん何曲かはWilliam Orbitと一緒にやっているんだけど、今回はMirwaisって人とも仕事をしてるの。彼はアフガニスタン人とフランス人のハーフで、フランスのエレクトロニックミュージック界から出てきた人。きっと特別な作品になるわね

…ということは、ニューアルバムもまた、『~Light』で開拓したエレクトロポップ路線に見られるのとある程度同じ精神性を追求している、と考えるのが妥当なのだろうか?

ダンスミュージックね、絶対に」とMadonnaは言う。

電子的で未来的。ニューエイジってのはどうかしら。ううん、違うわね

『Ray Of Light』よりはかなりエッジの効いた作品になっているね」とOrbitが明かす。

最初はスローバラードばかり何曲も録音したんだけど、その後、彼女がそれにことごとくNGを出して、代わりにもっと尖がった曲を入れ始めたんだ。スピード感があって、極めてヨーロッパ風、特にイギリスやフランスっぽいサウンドのアルバムになってきている。まあ、それも当たり前だけどね。だって、彼女以外、レコーディングに参加しているのは全員イギリス人かフランス人なんだから! 抜群にエキサイティングだよ、本当に

もちろん最近の彼女は、もはや世間の関心を引くことよりも、彼女自身の最も辛辣な批評家…3歳になる娘のLourdesちゃんにご執心のようである。

彼女はものすごくファッションにうるさいのよ」と誇り高きママは言う。

私が子供のころはあんなじゃなかったと思うんだけど…まあ、私の時は綺麗な洋服を目にする機会なんてそうなかったものね。娘は、私が毎日何を着るかってことに彼女なりの意見を持っているの。何だかとても困惑しちゃうのよね。『ママ、それ素敵よ』とか『その靴、好きじゃない』とか何とか。とにかく、常に意見を持ってるのよ

21世紀のマテリアルガールの誕生間近か?
その答えを知っているのは、時だけである。

by Stephen Peters

この記事をツイート

この記事の関連情報