Warped Tourで不正入場ファン、メガホンでの警告に引き下がる

ツイート
 7月24日に行われたWarped TourのニューヨークのRandall's Islandでの公演で、約200名のファンがチケットを持たずに入場してきたが、武器を持った騎馬警官隊が狙いを定めているという、ステージ上からのからかい半分の忠告を聞き、会場外へ戻っていった。
騒動はその日の午後、Save Ferrisのステージの最中に起こった。Warped Tourのプロモーター、Kevin Lymanが、近づいてくる集団を見ながら、メガホンを使っておどけた感じで忠告した。
「会場には馬に乗った警官隊がいて、銃を持っている。見せしめとしておまえ達の中から3人だけ撃つから」。ほとんどの不正入場者は、その場で立ち止まり、引き返していった。会場では実際に騎馬警官が何名かいたが、騒動時に銃を取り出してはいなかった。7月25日時点で、逮捕者の報告は入っていない。

 この日のRandall's Islandでのイベントは、当初予定されていた7月15日が雨天延期となった為の振り替え公演日だった。Warped TourにはGreen DayMighty Mighty BosstonesNOFXMxPx等が出演している。主催はLAUNCH Media。

記:Darren Davis、ニューヨーク、Neil Weiss、ロスアンジェルス
この記事をツイート

この記事の関連情報