TLCのT-Boz、ツアーからの引退を発表

ツイート
TLCのメンバー、Tionne "T-Boz" Watkinsが、健康上の理由でツアーを引退すると発表した。AP通信によると、T-Bozは「鎌状赤血球性疾患」を抱えると同時に、新婚の夫、Mack 10との初めての子供を妊娠しており、これ以上ツアーの重荷には耐えられないと話している。彼女は、TLCの“Fanmail”ツアー終了間近に、今後ツアーに出ないことを決めた。このツアーの終わりに有料TV番組用のコンサートの収録が行なわれたが、T-Bozは病院から会場に駆けつけねばならず、この時はかろうじてショウを終えることができたという。

T-Bozは作曲活動とレコーディングは、今後も続けていく方針である。彼女は11月に米国公開される新作アニメ映画『Rugrats In Paris』に曲を提供している。この件に関してT-Bozのレコードレーベルの広報担当に問い合わせてみたが、9月28日現在、返答は得られていない。

T-Bozは以前、LAUNCHのインタヴューで、鎌状赤血球性疾患に対する人々の認識を高めることに力を注ぎたいと語っていた。
「3種類の違うタイプの疾患があって、それぞれに薬が違うってこと、病気のことをちゃんと知ってほしいの。なぜなら、1人の人に効いた薬が、他の人にも効くわけではなくて、今も治療法の研究が続けられているのよ。人々にものを伝えられる立場にいる私が、少しでもこの病気に対する認識を広めることができれば、(研究の)手助けになるでしょう?」

記:Lucy Tauss、ニューヨーク
この記事をツイート

この記事の関連情報