ビッグ・パニッシャー、誕生日を迎えてアルバムのリリース準備が整う

ツイート
'01年2月6日、Big Punisherの死後2作目となるアルバム『Endangered Species』がリリースされる。翌日の2月7日は心臓病で亡くなったこのラッパーの命日となっている。生きていれば11月10日に29歳の誕生日を迎えていた。

『Endangered Species』にはPunisherと多くのアーティストとのラップの競演が含まれており、未発表ソロも収録されている。

今年はじめ、Cuban LinkがPunisherへのトリビュート“Flowers For The Dead”を発表した。LinkとPunisherはヒップホップのスーパーグループ、Terror Squadのメンバーだった。グループにはPunisherの師、Fat Joeも在籍していた。Punisherの2ndアルバム『Yeeeah Baby』は彼の死後、約2カ月たって発売された。アルバムにはヒップホップのトップスターたちとの共作が含まれている。Drag-OnとFat Joeは“You Was Wrong”に参加、M.O.P.は“New York Giants”にゲスト出演している。

Big Punの名でも知られた彼のデビューアルバム『Capital Punishment』は'99年グラミー賞のベストラップアルバム部門にノミネートされ、ラテン系ソロラッパーとして初のプラチナアルバムを獲得した。

Soren Baker、シカゴ
この記事をツイート

この記事の関連情報