ニール・ヤング、Napsterにノー

ツイート
Neil Youngは、最近になってインターネットによる無料の音楽配信に反対の意を表明した。Youngはアルゼンチンの新聞、La Nacionのインタヴューで、Crazy Horseと収録したライヴのどの曲も発表していないことを認めた。聴ける状態になっていないものを聴いてもらいたくないからとのこと。

Youngは次のように語っている。
「聴かせたくない状態でレコードを出して、みんなに聴いてもらいたくはないんだ。インターネットにはプライバシーがなく、徐々に曲が盛り上がるコンサートのように、観衆との親密な触れ合いの中で自分を表現することができない。すぐに循環してしまうので、そういうことができないんだ」

Youngは続けて次のように言う。
「音楽を作る仕事をしているけど、聴かせたくないと思ったものを聴いてほしくはないんだ。抑制するより、インターネットをコントロールしたほうがいいだろう」

Neil Young & Crazy Horseのニューアルバムのリリース日やツアー日程の情報は入っていない。

Bruce Simon、ニューヨーク、Patti Rosen、ロサンゼルス
この記事をツイート

この記事の関連情報