ネオアコ/フレンチポップの集大成

ツイート
~

(ちょっと前のことだけれど)昨2000年、秋の気配と共にCoa Recordsから『キンポウゲの日々』が届きました。

それはガールズ・ネオアコースティックの2人組、maybelleの6曲入りミニアルバムで、正しく日本のネオアコ~ギタ-ポップの系統に沿ったサウンドと、彼女たちの人脈の上に成り立っていました。

坂本和歌子(Vo)の澄んだ風のような歌声、橋本由香利(Key&Programing)のしっかりしたメロディに、おもちゃ箱をひっくり返したようなカラフルなサウンド。

純粋3分間ポップスの秘密、とくとご覧あれ。


『キンポウゲの日々』
Coa Records 発売中♪

1.キンポウゲの日々
2.
かげぼうしの頃
3.
Seashell
4.
Last Snow
5.
Have a kitten
6.
Planet of green


●maybelleライヴスケジュール
  3/25(日)13:00~ at下北沢シェルター
  〔問〕下北沢シェルター 03-3466-7430


坂本和歌子(Vo)さんが制作する
 maybelleオフィシャル・ホームページは
 こちらからどうぞ。
――まずは、お二人の出会いから聞かせて下さい。

坂本和歌子:
橋本さんがヴォーカルを捜している、という話を知ってコンタクトをとりました。

橋本由香利:
いろんな形でヴォーカリストを探していたんですけど、私の趣味や声のイメージにぴったりくる人がなかなかいなかったんです。で、一番最後に来たのが彼女で、即決でした。その時すでに曲があったので、家に来て歌ってもらいました。

坂本:
それからすぐデモ録って……。そんなんで、約一年くらいですね。

――それでは今作のリリ-スのいきさつというのは?

坂本:
Coa Recordsは良い作品が多くっていいなあって(註:空気公団も所属)。なので、デモテープを送って返事を待ちました。

――見事お眼鏡にかなったという訳ですね。ライヴも演られているということで、その話を聞かせて下さい。

坂本:
月一回ぐらいは演ってますよ。主に新宿のJAMや下北沢Shelterの昼の部に。演奏の形はその時によって変わるんですけど、2人の時は、私が歌と細かい楽器、橋本さんがプログラミングとキーボード、ギターなんかを弾いてます。ゲストを入れるときは、ギターやトランペットも呼んでいるんですよ。もう様々です。

――そうなると、ほぼ毎回、演奏形態が変わるんですか?

橋本:
2人なんで毎回、いろんな方とのコラボレートで変化がつけられるとおもしろいかなって思いますしね。バンドにしたり、2人だけにしたり……、演奏する場所によっても変えてます。

――女性2人なんで、家に集まってお菓子でも食べながらワイワイ相談しながら、音作ってる感じしますね(笑)。

橋本:
そうですね(笑)。バンドだとパートがきちっと分担されちゃうじゃないですか。私たちは2人なんで、1つ曲が出来たら「この曲は誰々さんに弾いてもらいたいなぁ」というのが出てくるんですね。そうやって、いろんな人にレコーディングに参加してもらうんです。だから、ライヴも同じ考えですね。観ているほうも今回は誰々が参加というのがおもしろいかなって。ライヴ後に感想を書いてもらっているアンケートでも、「誰が参加するか、いつも楽しみにしてる」って意見が多いんですよ。

坂本:
だから、出来るだけいろいろな人に参加してもらいたいなあって、たくさん声かけています。

――先日、ミニアルバム『キンポウゲの日々』発売記念のライヴも行なわれましたね。

坂本:
そもそもこのミニアルバムに参加していただいたバンド、BL WALTZの3人に運よくバックをやってもらえることになりまして。実はフルバンドは初めてだったんです。それまでは打ち込みが主体だったから。でも、せっかくのレコ発だったんで、CDに近い形がいいなと思っていたんで、よかったですね。

橋本:
BL WALTZは皆さん忙しい方なんですけど、昔から何かと相談に乗ってくれていた仲で、今回スケジュ-ルを合わせて下さったんです。

――では、1stミニアルバム『キンポウゲの日々』の方のお話も聞かせて下さい。

坂本:
今年の夏に1ヵ月くらい缶詰めになりました。

橋本:
スタジオは、都内のスタジオで生音録って、半分くらいは宅録です。

――BL WALTZ以外に、ゲストとしてどういった方々が参加したのですか?

坂本:
THREE BERRY ICECREAMの池水(マユミ)さんにアコ-ディオンを弾いてもらったり、advantage Lucyの石坂(義晴)さんにギター弾いてもらったり。あと、The Chewinggum Weekend、上田ケンジさんと、なかなか豪華な顔ぶれになりました。

橋本:
もともと、池水さんや石坂くんは2人ともそれぞれ別のルートで知り合いだったんです。「ヴォーカル、坂本和歌子ちゃんって人に決まったよ!」って報告したら「え? 彼女、知ってる知ってる!」って。それで「じゃあレコ-ディングするときはぜひ」って話になったりして!

――その辺はサークルが見えますね(笑)。

橋本:
BL WALTZもギターポップの元祖みたいな存在ですからね。ネオアコ新旧織り交ぜてみたいな(笑)、そこに石坂くんをポンッと放り込んだりして(笑)。

――こうやって1枚のCDの形になっての感想はどうですか?

橋本:
燃焼しましたよ(笑)。

坂本:
ハイ(笑)。

橋本:
私たちは2人なんで、全パ-トの録音作業につき合ったんですよ。だから大変でした。

坂本:
橋本さんの書く曲は、個性的で強いんですね。だから、どの方に演っていただいてもすぐに理解していただいて、maybelleをより良くしてくれるなあって…、レコ-ディング中、感じました。

橋本:
なかなかヴォーカルが決まらなかったのは、歌として確立できる人、…声っていうのもあるんですけど、こういうジャンルだと歌を歌える人ってそんなにいないと思うんです。だけど、和歌ちゃんの声は強さが立って、バックに負けない感じでちゃんとメロディを成り立たせる。しかも、メロディを2倍3倍に引き立たせるんです。これは素晴らしい歌手、バンドになるなあって思いました。

――なるほど。一方、ジャケットのほうも世界観が現われていますね。

坂本:
イラストチックなんですけど。で、6曲収録なので1曲ごと1枚のカードにして、それぞれのイメ-ジ画をつけました。

橋本:
レーベルのCoa Recordsさんがグラフィックもやっているのでね。和歌ちゃんがそういうアイディアを相談したら、快く引き受けてくださいました。

坂本:
カードがジャケットサイズなので、気分によって変えてみて楽しんでくれるといいな。

取材・文●中島儀幸

この記事をツイート

この記事の関連情報