ジャ・ルール、“I Cry”で心の内側をさらけ出す

twitterツイート
Ja Ruleのダブル・プラチナ・アルバム『Rule 3:36』からの3rdシングル“I Cry”はLil'Moをフィーチャーしており、現在、BillboardのHot R&B/Hip Hopエアプレイ・チャートで62位となっている。

Lil' Moが“I Cry”に秘められた深い意味について語っている。
「“I Cry”が表現しているのは……、たぶん、彼(Ja Rule)の個人的な経験だと思うけど、友達のひとりが死んだときの気持ちで、曲は3つの部分に分かれてるのよ。友達が死んで、まるで彼が“Yo、これが本当にギャング(thugs)が泣くときの様子さ”って言っているような感じね」

Lil' Moは、彼女が曲にもたらした効果について説明すると共に、人々が曲をちゃんと聴けばJa Ruleの歌詞の価値が分かるだろうと語った。
「私は教会っぽい雰囲気を曲に与えたの。教会の歌声を耳にすると文句なく心に響くわよね。なぜなら、それは本当にソウルフルな魂の歌だから。みんなもそういうものを聴く準備ができてればいいと思うわ。ちゃんと歌詞だけを聴いてみれば……、リズムを気にしたり、“ああ、出たばかりの新曲ね”とか考えないで、とにかく歌詞を聴けば、彼っていう人間が解るわ。2Pacレベルのものだし、彼は現代の2Pacになれると思う。現実の生活を歌うというね。ただ、お尻や胸とかセックスにドラッグのことだけを歌ってるんじゃなくて、キチンと現実に向かい合ってるの」

6月26日に米国発売されるLil' Moのデビューアルバム『Based On A True Story』には、Carl Thomas、Fabolous、Missy Elliottがゲスト参加している。

Yves Salomon、ニューヨーク
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報