オールマン・ブラザーズ・バンドがUniversalとPolygramを訴える

ツイート
Allman Brothers Bandは、バンドに返却されたCapricorn Records時代の古いレコーディング物を保有したとしてUniversal Music Group (UMG)とその子会社、Polygram Recordsを訴えている。PolygramはCapricornが倒産した'80年に、決済のために同社の保管室からマスターテープの所有権を得た。しかし、Polygramは、Capricornと契約していなかった時期にAllmansが制作したデモやライヴ、リハーサルテープといった個人的なレコーディング物までも入手していたという。

シンガー/キーボーディストのGregg AllmanとドラマーのJaimoe、Butch Trucksらは、オリジナルベーシスト、Berry Oakleyの未亡人Linda Millerと共に、UMGおよびPolygramは個人的なテープの返却を求める書面での要求を拒否したと主張、Allmansは、UMGとPolygramに所有権はなく、レコーディング物は自分たちのものであることを認めるよう裁判所に訴えている。この訴訟はまた、問題となっているレコーディング物の返却に加え、臨時差止命令を出すことを裁判所に要求しており、PolygramとUMGに対して両社が「(バンドの)単独所有権を縮小、妨害しない」ように仮差止命令と永久禁止命令を出すように求めている。

さらに、Allmansは裁判所の調査結果に基づき、財政上の救済を含む「(UMGとPolygramに対する)追加救済を求める」権利を保持していることを明確にしている。

Allman Brothers Bandがそれらのテープを今後どう扱うかは不明。

Bruce Simon, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報