元オールマン・ブラザーズのDickey、妻を殴ったことを断固として否定

ツイート
Allman BrothersのメンバーDickey Bettsは、8月11日に彼の妻であるDonna Marie Bettsをドライブ中に殴打したとの報道を否定している。弁護士のMichael Moscは次のようにLAUNCHに語っている。「Betts氏は彼の妻、Mrs. Bettsを殴ったことをきっぱりと否定しました」「彼はそのような罪を着せられて驚いてます」弁護士は、目撃者の証言がBettsの無実を証明してくれるだろうと付け加えた。

MoscaによるとDonna Bettsはその日、彼女の夫を迎えに飛行場まで行ったとき、「極度の興奮状態」にあり、夫婦は帰宅途中ずっと車中で言い争っていたという。Dickeyは、彼女が車を運転しているのは危険だと感じ、自宅近くの車道まで来ると車を降り、歩いて家の中へ入った。次に彼が気づいたときには、警察と緊急医療隊(EMT)が駆けつけていたという。その後、Dickeyは逮捕され、刑務所に入れられた。彼はそこで一夜を過ごし、8月12日(日)に保釈金2000ドルを支払い、釈放されている。

Moscaは、Bettsは拘留されている間も落ち着いており、理性的で話の筋も通っていたと強調している。また、元Allman Brothers Bandのメンバーである彼がアルコールやその他の薬物の影響を受けていた「形跡はまったくない」と言う。Donna Bettsは12日、危険な状態ではなかったと思うと判事に話し、Dickeyといっしょに家で快適に暮らしていると語った。2人はDickeyが釈放された日に自宅へ戻り、検察から裁判所に公式な容疑は出されていない。

Moscaはまた、Betts夫妻の乗った車には2人が良く知る人物も同乗しており、証人としてこの事件におけるDickeyの無実を証明してくれるだろうと言っている。

弁護士は、Bettsの過去の事件が執行猶予中だが、Dickey Betts Bandの新作『Let's Get Together』のツアーを再開できないこともないだろうと付け加えた。ツアーは8月18日(土)、ペンシルバニア州ブレクスリーのBiker's Music Festivalから始まる予定。

Dickey Bettsはこれから先のことを考え、この不幸な事件を乗り切るためにも彼と彼の妻のプライバシーを尊重してほしいと人々に訴えている。

Bruce Simon, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報