グレイトフル・デッドがボブ・ディランのカヴァーアルバムを制作

ツイート
Grateful Deadの最新作は彼らの良き友、Bob Dylanに敬意を表したアルバムになる。『Postcards Of The Hanging: Grateful Dead Performs The Songs Of Bob Dylan』はGrateful Dead/Arista Recordsから3月19日発売。アルバムは詞の冒頭部分がタイトルになった“Desolation Row”をはじめ、Dylanのライヴ・カヴァー10曲を収録。

注目曲は'73年ワシントンD.C.公演の“It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry”で、Dickey Betts とAllman Brothers BandのButch Trucksがゲスト出演している。

Deadはまた、11曲目にボーナストラックとして、'87年のジョイントツアーでDylanとのリハーサルから録った曲を収録する予定だ。

『Postcards Of The Hanging』の全トラックリスト:

「It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry」
「It's All Over Now, Baby Blue」
「She Belongs To Me」
「Desolation Row」
「Maggie's Farm」
「All Along The Watchtower」
「Ballad Of A Thin Man」
「Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again」
「When I Paint My Masterpiece」
「Just Like Tom Thumb's Blues」

Gary Graff, Detroit LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報