リサ“レフト・アイ”ロペスのファンが彼女の死を悼む

ツイート
4月27日(土)、Lisa "Left Eye" Lopesのファンらが自分たちの人生に深い影響をもたらしたアーティストの死を悼んだ。

Shirley Martin(31歳)はTLCのメンバーであるLopesが死亡したという知らせを聞いたが、翌日になってもまだそれが信じられなかったと言う。MartinはアトランタのモールでLopesの家族に宛てた巨大なカードに署名しながら次のように語った。「これが現実だなんて信じられないわ」「彼女はとても美しい人だったと思う。彼女の笑顔は素敵だった。そんな人が亡くなるなんて、どうしてなの?」

音楽と私生活の両方で見出しを飾っていたLopesは、4月25日(木)にホンジュラスのフティアパ近郊で交通事故に遭い、死亡した。

Diggit Entertainmentの広報担当Rob Goldstoneは、バンドマネージャーのBill Digginsが27日(土)にホンジュラスに向かい、遺体を確認して28日(日)にアトランタへ戻る予定だという。Goldstoneによると、葬儀はおそらく5月1日(水)か2日(木)にアトランタで行なわれるとのこと。

彼はまた、Lopesの母とTLCの他のメンバー、Tionne "T-Boz" WatkinsとRozonda "Chilli" Thomasは非常にショックを受けているが、Lopesのファンやほかのアーティストから送られてきた何千通もの手紙と花に慰められていると語っている。

アトランタに住むKelly Majid(36歳)は、“Waterfalls”をはじめ、TLCの曲が特に好きだという。彼女は、この曲のテーマは「無防備なセックスやドラッグに走らず、自分を守り、正しい人生を生きようとすることで、それはまさに自分の子供に望むことなのです」と話している。

カード署名のスポンサーとなっているアトランタのラジオ局で朝の番組を担当しているRashan Godfreyは、'98年から'99年にかけてLopesのパーソナル・アシスタントとして働いている間、彼女と友達になったという。Godfreyは次のように語っている。
「Lisaはとても優しいひとでした」「彼女はすごく頭が良くて、天才だと思いました。彼女は絵を描き、料理をし、洋服を作ったりもしました。そんなことみんなは知らないでしょう? 彼女はラップやファッション以外にもそういったことができたんです」

By Kyle Wingfield
この記事をツイート

この記事の関連情報