ジミー・イート・ワールドのツアー日程が徐々に明らかに

ツイート
Jimmy Eat Worldが自らヘッドライナーを務める夏のツアーのスケジュールが、遅ればせながらようやくまとまり始めた。今後3ヶ月の間に新しく8公演の日程が決定した。アリゾナ出身のバンド、Jimmy Eat Worldの公式ウェブサイト(jimmyeatworld.com)によれば、バンドはカナダ、米国中西部および北西部をまわることになっており、発表されている日程のうち最も早いのは6月19日のカナダのアルバータ州カルガリーになっている。オープニング・アクトはPromise Ring、Recover、Desaparecidos。

Jimmy Eat Worldのこのツアーは、ヒット・シングル“The Middle”を生み、ブレイクのきっかけとなったアルバム『Bleed American』をサポートするもの。ツアーは、Jimmy Eat Worldがヨーロッパから戻った後に開始されるが、正式な初日がいつになるのかはまだ発表されていない。バンドは現在、Blink 182Green Dayが共同ヘッドライナーを務めている“Pop Disaster”ツアーにオープニング・アクトとして参加しており、一行は5月13日(月)にはアラバマ州バーミングハムでライヴを行なう。

Jimmy Eat Worldのヴォーカリスト、Jim Adkinsは自らのツアーならではのメリットを楽しみにしているとLAUNCHに話している。「このツアー(“Pop Disaster”)に参加させてもらっていることには、本当にすごく感謝してる。でも、もう自分たちの曲もすごく増えたんでね。それで、演奏時間は35分とかだろ。だから“どの曲を切るよ?”ってな感じで、結構キビシイんだ」「自分たちのツアーだと、そういうことを気にしなくてもよくなるから、いいよね。引き延ばしたりもできるだろ。曲の合間にビールをひと口だとか、気分によってはスローなジャムをしてみたりとかもできるだろうしね」

Jimmy Eat World 発表済みツアー日程(変更の可能性あり):

6月19日 - アルバータ州カルガリー - MacEwan Hall
6月20日 - アルバータ州エドモントン - Red's
7月16日 - オハイオ州コロンバス - PromoWest Pavilion
7月17日 - オハイオ州シンシナティ - Bogart's
7月22日 - メイン州ポートランド - State Theatre
7月27日 - ニュージャージー州アズベリー - Convention Hall
7月31日 - オハイオ州クリーブランド - Agora Theatre
8月3日 - ウィスコンシン州ミルウォーキー - Rave

Neal Weiss, Los Angeles LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報