アリシア・キーズとクリスティーナ・アギレラのチームが「Impossible」をレコーディング

ツイート
Alicia Keysが参加したChristina Aguileraの新曲「Impossible」がAguileraの次回作にフィーチャーされるかもしれない。RCA Recordsのスポークスマンによると、曲はKeysとAguileraの共作で、先月、ニューヨークのElectric Ladyスタジオで行なわれたセッションの中でレコーディングされたという。プロデューサーはKeysと彼女のパートナー、Kerry Brothersによるプロデュース・チーム、Crucial Keys。

今年後半のリリースが予定されているAguileraのニューアルバムは(ホリデイ・アルバムの『My Kind Of Christmas』、スペイン語盤の『Mi Reflejo』、デビューアルバムにエクストラ・リミックスを加えたスペシャル・エディションを除いて)、'99年のセルフタイトル・デビューアルバムに続く作品となる。

LAUNCHはKeysに、他にも一緒に働きたいと思うアーティストがいるかどうか訊いてみた。「私は、成り行きのままで、偶然に溢れ出てくるもの、何が起きて何をいいと感じるか、誰とならいいと感じるかってことを見るのが好きなの。India.Arieとのコラボレーションみたいな、私が研究してみたいと思う何かよ。Lenny KravitzとかNikka Costaみたいな人であっても、全く違った物事の側面とかがとっても面白くなるの。だから、じきに分かるのよ」

Darryl Morden, Los Angeles and Yves Salomon, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報