ピート・タウンゼント、ロジャー・ダルトリー、ケニー・ジョーンズらがジョン・エントウィッスルの葬儀に参列

twitterツイート
7月10日(水)、John Entwistleの葬儀が彼の故国イギリスで営まれた。葬儀の出席者は数百人にのぼり、Stow-On-The-Woldの教会に集まった人々の中にはバンド仲間のPete Townshend、Roger Daltreyをはじめ、かつてのWhoのドラマーKenney Jonesの姿もあった。

St. Edward's Churchで行なわれたこの葬儀は外にいるファンにも中継され、聖職者のColin Wilsonは次のように語った。「彼は、私たち皆が強く、揺るぎない心を持ち、未来を恐れず、あらゆる試練に立ち向かい、自分自身とお互いを信じることを望んでいると思います」

BBCによると、Entwistleの家族の友人でもあるWilsonは、ベーシストであったEntwistleは今頃、「天国でKeith(Moon)といっしょにすばらしい音楽を作っていることだろう」と語ったという。

葬儀では家族の友人のBob JohnstonがEntwistleを偲び、「すばらしいユーモアセンスの持ち主だった。彼はいつでも力になってくれた。仲間の多くが彼の死を悼んでいる……埋めることのできない穴がぽっかりあいたようだ」と述べた。Entwistleに捧げられた花束は、その言葉を物語っている。教会の入り口に置かれた花束のひとつには「安らかに眠れ、Ox」と書かれたものがあり、またシャンペンボトルや棺に入ったギターの形をした花束もあった。

Entwistleは6月27日、ネヴァダ州ラスヴェガスにあるHard Rock Hotel & Casinoの部屋で死亡しているのを発見された。その日はWhoの北米ツアーが始まる前日だった。バンドはツアーの続行を決め、現在、セッションベーシストのPino Palladinoを代役にロードを行なっている。

Bruce Simon, New York (C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス