ソランジュ・ノウルズ、『ビヨンセの妹というプレッシャーはない』

ツイート
Destiny's Childのリード・シンガー、Beyonceの妹であるSolange Knowlesが1月21日にデビューアルバム『Solo Star』をリリースする(日本盤は12月26日発売)。アルバムからの1stシングルは「Feelin' You」。

『Solo Star』はプロデューサー陣にNeptunes、Timbaland、Beyonce、Kandi Burruss、Linda Perry、Rockwilderが、ゲストにはN.O.R.E.Lil' Romeo、B2K、Da Brat、St. LunaticsのMurphy Leeらが参加している。

Solange Knowlesは現在、Destiny's Childとツアー中で、1月4日には『Soul Train』の出演も予定されている。

Solangeは最近、有名な姉と比較されるのが避けられないことについて、どう感じているかを話してくれた。

「私、本当に本当に正直に言って、人が私をどう思ってるかなんて気にしてないの。この6年間そうだったし、結果として、それがアーティストとしての私……彼女の妹としての私を救ってきたと思う。だからまったく気にしてないわ。私はこのアルバムに何の期待もしてない。私はこれを出していて、このアルバムが好きで、1stシングルの“Feelin' You”には素晴らしい反応があって、私たち2人はまったく違うタイプのアーティストだと思ってる。私たちのイメージもいろいろと違うところがあるし、私は出て行って私のことをするだけなの。だから何のプレッシャーも感じないわ」

Destiny's Child/Solangeのツアー日程(変更の可能性あり):

12月15日 - フロリダ州マイアミ - American Airlines Arena
12月16日 - インディアナ州インディアナポリス - Conseco Fieldhouse
12月17日 - ロードアイランド州プロヴィデンス - Dunkin Donuts Civic Center
12月18日 - カリフォルニア州サン・ホセ - HP Pavilion At San Jose
12月19日 - カリフォルニア州アナハイム - Arrowhead Pond
12月21日 - ワシントン州タコマ - Tacoma Dome

Yves Erwin Salomon, New York and Neal Weiss, Los Angeles (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報