セリーヌ・ディオン、カナダの小児科病院に多額の寄付を約束

ツイート
Celine Dionがカナダ最大の小児科病院、Ste-Justine's Hospitalのために1億カナダドル(約6500万米ドル)を集める計画を立てている。

34歳になる彼女は去る12月18日(水)、モントリオールにある同病院に入院している子供たち16人を見舞った。そこからさほど離れていない病棟で、10年前に彼女のめい、Karineが亡くなっている。

Canadian Press通信によれば、Dionは泣き崩れ、病院のために数百万ドルの募金キャンペーンを支援すると誓ったという。集められた資金は研究費、設備、ベッド、ガン病棟の拡張のために使われる。

彼女は記者会見の席でも涙を浮かべ「辛いわ。今は母親として話しています」と語った。

Dionと彼女のマネージャーで夫のRene Angelilは、来年春から5年がかりの資金集めキャンペーンをスタートさせる予定だ。2人は寄付集めのTV広告を2本収録し、Dionはベネフィット・ソングを作るという。彼女はめいがのうほう性繊維症で死亡して以来、同病院と関わっている。

カナダ政府は彼女の1億ドルに合わせて、さらに3億ドルを追加すると発表した。Dionはカナダでいちばん裕福なエンターテイナーであり、夫のAngelilと共にプライベートで寄付活動を行なっている。

Darryl Morden, Los Angeles (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報