2ndアルバム『ため息』リリース特別企画~しばじゅんを聴いてかつての恋を思い出す【特別編】

ツイート
ユーザーの恋の話を、しばじゅんに読んでもらいました!

先にお届けした企画「柴田淳の曲を聴き、かつての恋を想う…」は
もう読んでいただけましたか?
この企画記事を柴田淳こと“しばじゅん”にも読んでもらうことに…!

そこで、今回は、昨年7回にわたりBARKSでお届けした
連載コラム「それを私に答えろと?」の特別編として、感想を答えていただきました。
彼女ならではのストレートな気持ちが満載です。加えて、アルバム『ため息』についても、お聞きしました。
※特別企画「柴田淳の曲を聴き、かつての恋を想う…」
“女性編”
(女性サイト“LIN<凛>)と、“男性編”(音楽情報サイト“BARKS”)にそれぞれ掲載中

最新アルバム

『ため息』

Dreamusic
2003年2月26日発売
MUCD-1067 ¥3,045(tax in)

1. 夢
2. 隣の部屋
3. 片想い
4. サーカス ~Piano Solo~
5. 拝啓、王子様☆
6. 月光浴
7. 美しい人
8. なにもない場所
9. ため息
10. 月の窓
11. めじろの心 ~Piano Solo~


ビデオを観よう!(画像をクリックしてね)

  ▲3曲目収録の「片想い」


  ▲6曲目収録の「月光浴」

その他、しばじゅんの
ビデオもどうぞ

(上左)「ぼくの味方」
(上右)「変身」
(左)「それでも来た道」



最新DVD

『Jun Shibata Music Film Collection
 しば漬け

Dreamusic
2003年3月26日発売
MUBD-1002 ¥3,990(tax in)

※シングルリリースされた「ぼくの味方」「それでも来た道」「月光浴」「片想い」「隣の部屋」のビデオクリップのほかに、さまざまな特典映像が収録。


スペシャル・プレゼント


柴田淳オリジナル・バスローブ
抽選で2名様にプレゼント!
これを着て、ロマンチックな恋をしちゃう!?

詳しくはこちらから応募してください。
※応募締切は、2003年4月15日(火)まで。

特別企画「柴田淳の曲を聴き、かつての恋を想う…」で
質問です!
●まずは“女性編”を読んで、いかがでしたか?

好意を持っていても、なんとなく“もてあそばれちゃってる”と思うときってあるなぁ…。あ~『片想い』。男って勝手よね

私って、好きな気持ちを伝えること、すなわち告白って苦手なのね。でも今までで、2回だけ、告白しよう!って意気込んで、その気になったことがあるのね。そしたら、その2回が2回ともおんなじ結果だったんです。「今日こそは!」という日に「俺、結婚するんだ…」という話を聞いてしまったの。なんかもう救われないよねぇ、結婚しちゃったらダメじゃん! かなわないよなぁ。

それからね、何でかわかんないんだけど、いつも妹扱いされるの。妹にされちゃったら、その先無いじゃん! へこみますよねー。

こんな私が書く詞を女性陣がそれぞれの経験や体験に照らし合わせて聴いてくれることを大変嬉しく思います。いろんなところで言ってるんだけど、私自身“わかるっ”とか“そうだよね”って思えることしか歌えないんです。言い方を変えると、自分が納得していて理解していることじゃないと伝わらないと思っているんです。

“私の歌はこう聴いて”というリクエストはありません。少し突き放してしまうような言い方ですけど、いつもあなたなりの捉え方をしてくださって結構です。私の歌を聴いてあなたの中の何かが動けば、私はそれで幸せです。

●では、“男性編”は、いかがでしたか?

あ~、やっぱり男って勝手よねぇ…。“しばらく髪の毛、切れませんでしたよ”“…近道なのにしばらく避けてましたよ”“僕の前では女だったからかな”“…危ういバランスを持った女性でした”“…どうしても彼女に報告したくて…待ち伏せしたんです”。もう、ロマンチストなんだから☆

でも、すごいよね、色んな想いをめぐらせたり、色んな行動をするのね。でも、ある意味、自分で“こうなんだ”って思ったら、そういう行動に出て自分を説得したり、自分の中で納得しようっていう気持ちに突き進めるんだね。

私の歌を聴いて「しばじゅん不倫してるの?」って言う人がとても多いのね。不思議と男の人に多いの。そんなにドロドロした感じするかなぁ? 「この曲の主人公はこうなんでしょ? ああなんでしょ」って言う人もやっぱり男の人に多いのね。想像力が豊かなんだろうか? そういうのって、私にしてみれば「おー、そう来るかぁ」とか「えっ全然、意識してなかった」っていう反応になるんだけど…。男性も女性も自分の経験や体験に照らし合わせて私の歌を聴いてくれているのは本当に嬉しい限りです。でもきっと男と女の違いってその先にあるんだろうな。それがわかってしまったら、私、歌えなくなっちゃうかもなぁ…。

2ndアルバム『ため息』について、
質問です!
●「ため息」はしょっちゅう、ついちゃうほうですか?

ついちゃいますねぇ~。ひとつのことをやり遂げたときに出ますね。あと、考え事をしていて、何か自分の中で結論が出せたときに“よしっ”っていう感じでもため息はついちゃいます。世間一般では「ため息つくと幸せが逃げるよ」って言うけど、私はそうは思わないな。“あー私、幸せすぎる”で『はぁ~』っていうのもあるでしょ? そうそう、そういう時って遠くをボォーっと見つめちゃったりするんですよね。あー最近の私はそういうの無いなぁ。『はぁ~』。

●「月」「夜」「水」「光」といった単語が目立ちますが、特別な思い入れがあるのですか?

光と水の関係ってとても美しいと思いません? 私、詞を書くのが夜なんですね。私の部屋は本当に本が読めるくらい月明かりが入ってくるんです。そんな中で書く詞には出てきちゃうんですよね。じゃぁ、太陽が燦燦と輝くところで詞を書いたら「太陽」とか「日光」とか出てくるんじゃない?って思うでしょ。でもね、私、やっぱり夜じゃないと詞がかけないんだなぁ、これが。だって、眩しがりだし、お肌が弱いからお日様は苦手だもん。

●しばじゅんにとって、メロディに関する美意識(こだわり)って、何?

私の声が、聴いてくれる方にしっかり届くことを意識して作っています。やっぱり私は皆さんに声を届けたいという意識が強いですね。詞の一字一句が皆さんの耳にすんなり入っていくんだけど、そこに留まって、ふとした瞬間に「あっ」て何かを想って欲しい。そんな気持ちでメロディは作っています。

●ピアノはいつ、どこで習ったのですか?

3歳の頃から、自分の意思ではなく(当たり前?)習わされてたっていう感じです。“目指せ音大!”って感じのスパルタ教育のピアノ教室でした。あの頃はピアノが嫌いだったなぁ…。今でも弾き語りは緊張しちゃうんで苦手ですけど。

●ジャケット写真がとてもキレイですが、写真を撮られるのは得意? 苦手?

あんまり得意じゃないですね。写真を撮る、撮られるの関係って、会話に凄く近いと思うんです。ほら、会話ってかみ合わないと、その場にいるのが苦しくなったり、逃げ出したくなったりするでしょう? お互いの波長っていうのかな、そういうのって大事よね。

【タイアップ決定!】

「ため息」
テレビ朝日系木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
毎週木曜日20:00~20:54
2003年4月17日(木)スタート

「夢」
TBS系全国ネット ドラマ30「愛の110番」主題歌
月曜~金曜13:30~14:00
2003年3月31日(月)スタート

※この2曲が収録されたCDが2003年5月8日(木)発売決定!

この記事をツイート

この記事の関連情報