英チャート、シングルはブラック・アイド・ピーズが4週連続、アルバムはミューズが初登場1位

twitterツイート
今週の英シングル・チャートは、4週連続でBlack Eyed Peasの「Where Is The Love」がトップをキープした。2位には、The Darknessのニュー・シングル「I Believe In A Thing Called Love」が初登場。同曲は1年前に限定盤としてリリースされたこともあるが、当時の最高位は136位だった。

5位には、DJのPaul OakenfoldによってリミックスされたElvis Presleyの「Rubberneckin’」が初登場した。キング・オブ・ロックンロールのトラックが英チャートに登場するのはこれで115曲目。

今週はこのほか、8位にEvanescenceのニュー・シングル「Going Under」、ガン療養中の豪シンガーDelta Goodremの「Innocent Eyes」が初登場した。

今週のアルバム・チャートは先週に引き続き、順位が大きく入れ替わった。トップ10のうち6枚が初登場の曲で占められている。まずは、Museの3rdアルバム『Absolute』が1位に初登場。同アルバムは発売第1週で7万1,600枚を売り上げた。この数字は前作『Origin Of Symmetry』の倍に近い。Museの快進撃により、先週まで4週連続でトップだったThe Darknessの『Permission To Land』は2位に後退した。

また今週は、3位にSting『Sacred Love』、4位にR. Kellyのベスト・アルバム『The R in R&B-Greatest Hits Vol 1』、5位にNickelbackの『The Lond Road』が初登場。

ほかにも、7位にLimp Bizkit待望の新作『Results May Vary』、9位にThe Chemical Brothersのベスト盤『Singles 93-03』がチャートインした。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス