世界デビュー決定! 4thアルバム『4REAL』を携えてBARKSに初登場!!

twitterツイート

スマッシュ・ヒットとなったM-FLOとのコラボ・シングル「I LIKE IT」
夏以降はこの楽曲とともに東京モード学園のCMに出演したことで、
新しい層からも注目を集めているCrystal Kay
そんな彼女が4thアルバム『4REAL』をひっさげBARKSに初登場!

取材・文●東條祥恵

しっとり系だけじゃない、いろんな曲が歌えるんだよっていうことをアピールできたアルバムじゃないかな


インタヴュー映像



見る


NEW ALBUM

『4REAL』(初回仕様限定盤)
ESCL-2470 2,913(tax out)
2003年11月27日発売

1. Boyfriend -partII-
2. I LIKE IT
3. nice and slow
4. I'm Not Alone
5. What Time Is It
6. Candy
7. Can't Be Stopped
8. lead me to the end
9. 片想い
10. OVER THE RAINBOW
11. DO U LIKE IT?
 (by Fantastic Plastic Machine)



NEW SINGLE

「Can't Be Stopped」

ESCL-2465 1,165(tax out)
2003年11月27日発売
※レーベルゲートCD

1. Can't Be Stopped
2. Boyfriend(acoustic version)
3. Can't Be Stopped
 (TIL THE SUN COMES UP)

World Premiere Album

『NATURAL』
ESCL2480 2,400(tax out)
2003年12月17日発売

1. Can't be Stopped
 ~TIL THE SUN COMES UP~ 
2. Boyfriend ~What Makes Me Fall in Love~ 
3. Time After Time
4. Make Me Whole
5. Good Morning Sue
6. Love of A Lifetime
7. I'm Not Alone
8. Couldn't Care Less
9. OVER THE RAINBOW
10. FLY AWAY
11. Liberty
12. No More Blue Christmas

クリちゃんはただいま高校3年生! 学校ではバスケ部に所属しているということで、現在身長は171cm。学校、部活という忙しい学生生活の合間をぬって作られた今回のニュー・アルバム『4 REAL』は、これまでリリースされたシングルの方向性通り、ダンサブルでハッピー感を与えてくれる作品に仕上がっていた。

「前回のアルバムと較べると、ダンサブルな曲は増えましたね。いつもアルバムを作るとき“こういう曲をやりたい”とか、あんまり言わないんですよ。上がってきたデモを聴いて“あっ! これ歌いたい”って選んでいくだけで。ただ今回は、ラッキーなことにプロデューサーたちが偶然にもカッコいいダンサブルな曲をたくさん作ってきてくれたって感じなんです。ファンの人から“しっとり系、せつない系もいいけど、踊れる曲が聴きたい”というリクエストもあったので、今回はそれにも応えられたかなって」

これまでのCrystal Kayのイメージはというと、歌い手としてはR&B系ディーヴァという印象も少なからずあった。

「見た目の影響もあると思うんですけどね。でも私は、普段なんでも聴くし。今回のアルバムには「Can't be Stopped」というハウスっぽい曲も入ってて。R&Bっぽいものだけじゃなく、いろんな曲が歌えるんだよってアピールもこのアルバムではできたんじゃないかなと思います」

イケイケのパーティチューン「I LIKE IT」でアッパー系に明るくとばす歌もあれば、せつないのにやわらかくて美しい透明感を持ったトラック(クリちゃんもこのトラックには
「惚れた!」らしい)が印象的なスローバラード「I'm Not Alone」では、ロウ・ヴォイスとファルセットを見事に使いこなす歌を披露。シックでメロウなナンバー「nice and slow」ではセクシーな歌詞(本当はセクシー度を抑えた詞もあったが「セクシーな方で!って、大人になって頑張ってみた。恥ずかしかったけど」)を、抑制をきかせた声で大人っぽくサラリと歌う。本作はいろんなタイプの楽曲を歌いこなすことで、ヴォーカリストとして急成長を遂げた彼女の、歌い手としての存在感がはっきりと浮かび上がってくる作品でもある。

小さい頃から
ジャネット・ジャクソンのようになりたい」と夢見てた女のコが、13歳で手にした突然のデビュー…。

「その頃は歌の部分、感情移入とか詞を理解する能力を含め、全然自分のスタイルとして歌ってなかったと思うんです。それがデビューして、ライヴとかをやることで、自分のスタイル、自分はこういう風に歌いたいんだってことが分かってきたんです。どんなジャンルも歌えて、なにを歌ってもCrystal Kayのスタイルがあるっていうようになれたらいいな」

そんな理想に近づくためにも、今後はトラックなどの制作にも関わってみたいというクリちゃんは、来年2月に18歳の誕生日を迎える。普段はショッピングで帽子をコレクトしたり、友達とプリクラを撮ってはしゃいでいるけれど、日本の「education(教育)、tax(税金)!」には『for real(マジで!?)』という視点もしっかり持ち合わせている。そんな彼女は
「18歳からは法律的な部分でも大人じゃないですか? ここから自分のresponsibility(責任)が始まっちゃうのかな」と考えているのだという。

アジア各国での本格的デビューも決まり、Crystal Kayはこれからさらに輝きを増していく!


information
【LIVE】
■2003/12/24 パシフィコ横浜・国立大ホール
OPEN 18:00/START 19:00 KM MUSIC 045-201-9999
料金:5,000(消費税込) チケット発売日:2003/11/29
■2003/12/25 パシフィコ横浜・国立大ホール
OPEN 18:00/START 19:00 KM MUSIC 045-201-9999
料金:5,000(消費税込) チケット発売日:2003/11/29

【Crystal Kay オフィシャル・サイト】
 http://www.c-kay.com/

 『4REAL』を全曲試聴できます♪

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス