大爆音とともに復活した王者の来日公演ルポ PART1

ツイート
~


お待たせしました!

直前の混乱のおかげで、生のメタリカを眼前にすることに特別な感慨があった今回の来日公演。
南米ツアーのキャンセルの原因ともなった肩の怪我を微塵も感じさせなかったラーズ・ウルリッヒ(Dr)、
完全に病気から復活しファンを安心させてくれたジェイムズ・ヘッドフィールド(Vo&G)、
バンド参加後まだ日が浅いのに完璧なプレイを見せたロバート・トゥルージロ(B)、
ヒゲを剃りまたまた髪を伸ばし始めたカーク・ハメット(G)。
それぞれが再び一つになり、あのヘヴィでタフなメタリカが復活したのだ。
札幌、東京、名古屋、大阪を爆音とともに駆け抜け、
王者のあるべき姿を強くそして深く刻んでいった。

その感動感涙のライヴ写真が到着した!
ここでステージの模様を再現してみるので、あの日のように背筋に走る戦慄を感じてほしい。

SEから総立ちの観客のヴォルテージはラストまで衰えることはなかった 

ーセットリストー
<11.06 @代々木第一体育館>
1.BATTERY
2.MASTER OF PUPPETS
3.HARVESTER OF SORROW
4.WELCOME HOME (SANITARIUM)
5.FOR WHOM THE BELL TOLLS
6.FRANTIC
7.SAD BUT TRUE
8.ST. ANGER
9.NO REMORSE
10.SEEK & DESTROY
11.BLACKEND
アンコール
12.FUEL
13.NOTHING ELSE MATTER
14.CREEPING DEATH
15.ONE
16.ENTER SANDMAN
17.LAST CARESS (MISFITS COVER SONG)
18.MOTORBREATH
最新アルバム

『ST.ANGER』
2003年6月9日発売
SICP-373~4 3,150(tax in)
「ST.ANGER」全曲のライヴ映像DVD付


1.FRANTIC
2.ST. ANGER
3.SOME KIND OF MONSTER
4.DIRTY WINDOW
5.INVISIBLE KID
6.MY WORLD
7.SHOOT ME AGAIN
8.SWEET AMBER
9.THE UNNAMED FEELING
10.PURIFY
11.ALL WITHIN MY HANDS

▲このCDを買うならコチラ
2003年の主なニュースと来日までの顛末
その後のニュース
2003/2/26
メタリカのベーシストが、オジー・オズボーンのバック・メンバーだったロバート・トゥルージロに正式決定。

2003/6/3
アルバム『St.Anger』の発売日が、当初の6月10日から6月5日へと繰り上がった(日本発売日は6月9日)。

2003/6/12
アルバム『St.Anger』がビルボード初登場ぶっちぎり1位を獲得。日本でも発売以来5日連続でオリコン・デイリー・チャート1位。

2003/6/16
メタリカ、約6年振りの来日公演が決定。

2003/10/23
南米と日本ツアー急遽キャンセル。
ジェームズ・ヘットフィールド「レコーディングとツアーをノンストップで18ヶ月間続けてきたことで、バンドは体もマインドも疲れ果ててしまった」
カーク・ハメット「ツアーをキャンセルするのは、メタリカの22年の歴史でも初めての経験で、バンドも深く失望しています。4人で共通して持った認識としては、いま自分たちのケアをしなければ今後誰にもよい結果をもたらさないだろうというということが顕著だったから」

2003/10/27
日本公演正式決定
バンドメンバーの極度な精神的、及び肉体的疲労により、南米及び日本公演を中止と発表するも、「メタリカは公演を5年以上も待ち続けている日本のファンの期待を裏切る事はできない。メタリカは自己の精神的過度の疲労に打ち勝ち、身体的損傷は日本公演までに癒される」とのことで、当初のスケジュール通り公演を実施することが決定。

2003/11/6
東京・代々木第一体育館で日本公演がスタート。

200311/17
11/6代々木体育館で行なわれた来日公演初日のライヴ映像、メッセージ・ビデオ、新着PV「FRANTIC」をフル・コーラスで配信。
配信期間:11/17-12/25
詳細はメタリカ特集サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/metallica/トップ・ページにアクセス。

2003/11/23
2004年年明けにオーストラリア最大のフェスティバル<BIG DAY OUT>にヘッドライナーとして出演が決定。
全ての画像と文章の無断転用を禁止します

「BATTERY」のイントロでユラリとジェイムズが黒のレスポールを抱えて登場。その瞬間に男どもが拳を突き上げて咆哮し、女は真っ赤な歓声を上げる。1曲目にしてコンサートはすでに最高潮を迎えたかのようだ。ジェイムズが腰をグッと落として変拍子のギターリフを刻みドラムスが絡む。こうして、メタリカ6年振りの日本公演が始まった。



このスピード、このブレイク、そして鳥肌を立たせ臓物を揺さぶる重低音と超高音、これが長い間待っていたメタリカの音なのだ。「MASTER OF PUPPETS」「HARVESTER OF SORROW」と続いた後は、すでに爆音と観客の歓声で耳が麻痺している。


何にも増して強烈なのが、バスドラの「バチッ」という音だ。これは耳に聞えてくるというのではなく皮膚に感じる。ひと蹴りごとにウブ毛が揺れるのだ。この感覚、これぞヘヴィメタルの醍醐味。そして生のコンサートを体験する醍醐味なのだ。決してCDでは味わえない。そして曲は「FOR WHOM THE BELL TOLLS」「WELCOME HOME (SANITARIUM)」と続く。ここまでが1~4枚目のアルバムからの選曲。聴きなれた曲の連続に観客のヴォルテージは上がりっぱなしで、ブレイクのシンバルクラッシュに合わせ絶妙のタイミングで拳を突き上げ叫び声を上げる。広い代々木第一体育館に飽和する音、音、音。観客とステージ両方から立ち上る熱気と相まって、その密度の高さに息をするのも苦しくなる。

6曲目にやっとニューアルバム『ST.ANGER』から「FRANTIC」。激しいリフを持つミドルテンポのヘヴィナンバーだ。そして「SAD BUT TRUE」をはさんで「ST. ANGER」。


最近のメタリカの写真や『ST.ANGER』のDVDを観るとわかるのだが、ジェイムズの変貌した姿に(もちろん良い意味で)驚いた人も多いだろう。コンサート中も音楽が楽しくてたまらないといった風に始終にこやかで、その気持ちが伝わってくる。依然のとんがった彼の姿を知っているだけに、またメタリカの退廃的な歌詞世界を表現するフロントマンとしての迫力ある姿を見ているだけに、彼の余裕のある態度に驚き復活を心から嬉しく思えた。

『Kill 'Em All』からの2曲「NO REMORSE」「SEEK & DESTROY」が続き、テープで流れてきたギターのオーバーダビングのイントロは「BLACKEND」。強烈なバスドラムと裏表が頻繁に入れ替わる拍子を事も無げに演奏する彼ら。変拍子にもかかわらず正確にブレイクポイントで腕を突き上げる観衆。完全にステージと客席が一体となった瞬間だった。そしてこれでコンサートの本編は終わり。しかし誰もまだ満足することはなく、メタリカを呼ぶ声が会場全体に充満する。

 

アンコールが観たい人は続きをどうぞ 

取材・文●森本智

この記事をツイート

この記事の関連情報