ヒップホップ、R&Bへの傾倒を反映 新境地を切り開いた倖田來未『feel my mind』 PART2

twitterツイート
 

ヒップホップ、R&Bへの傾倒を反映
新境地を切り開いた倖田來未『feel my mind』 PART2


<<前のページに戻る

あたしは引田天功のようになりたいんですよ。こっちから消えてこっちから出てくるみたいな

ビデオ・メッセージ

ビデオ・メッセージはこちら


最新アルバム

『feel my mind』

rhythm zone
RZCD-45115 3,059(tax in)


1 Break it down
2 Crazy 4 U
3 Rock Your Body
4 Rain
5 Without Your Love
6 Talk to you
7 華
8 Get Out The Way
9 Sweet love…
10 Gentle Words
11 magic
12 COME WITH ME

(初回盤のみBonus Track )
13 夢 with You (R.Yamaki's Groove Mix)
14 キューティハニー

倖田來未 OFFICIAL WEB SITE
http://www.avexnet.or.jp/koda/
──アルバム全体として振り返ってみて、今までのアルバムと一番変わった点ってどこですか?

倖田:今までセルフ・プロデュースがしたい、したいって言ってきたんですけど、実際の制作が始まってみたら、曲の選曲であったり、アレンジだったりトラック・ダウンの作業も口を挟んで、最終チェックがあたしだったんですよ。そういう意味でもセルフ・プロデュースだったのかなって。出来上がったときにすごく思って。なんか今までやりたいと思ってたことができたのかなって。あとはヴォーカル・アレンジメントであったり、コーラスだとかメロディを1番と2番を変えてみたりとか、そういう勝手にそういうことをしたりとか、したので、今回はかなり充実度のあるものになりました。

──では作り手としては満足できる内容に。

倖田:うん、あたしの中でのセルフ・プロデュースはここまでかなって。自分でレコーディングまでするんじゃなくて、やっぱディレクターの言うこととかも信じたいし、一人でやるのは嫌なんですよね。やっぱり一緒に作りたい。“今のよかったんじゃない?”っていう言葉が欲しい。このアルバムでの今井大介やLISAみたいに。だから、セルフ・プロデュースっていうのはここまでかなって。あたしの中では。

──次にヴィジュアルやファッションについてお訊きしたいのですが、「COME WITH ME」のジャケットが非常に衝撃的だったのですが。

倖田:そうですかー、普通だと思ってるんですけど(笑)。3枚目の「COLOR OF SOUL」のときなんて、ドーベルマン持っててもっとキューティーハニーやったんなぁ。全然あたしの中では普通! もっとできるよー(笑)。

──ジャケットの衣装やデザインはどのように決めるのですか?

倖田:いつもは自分で雑誌を切り抜いて、海外の雑誌とか買ってきて、こういうイメージでやりたいって。それをデザイナーさんがデザイン画に上げてくれる。「COME WITH ME」の場合は、うちのマネージャーが「real Emotion」のタイミングで変わったんですよ。そんときに、うちの新しいマネージャーがやりたいって言ってきて。あたし的には全然OKで、やって後で大目玉食らったんですけどね。“やり過ぎだ”って(笑)。それからしばらく露出禁止になってんけど。でも、あれから全てがいい方向に転んできたので、あたしの中では全然失敗ではなくて、あれだけ話題になったんだからいいことだし、あたしはポジティヴに取ってます。

──最近のシングルはますます過激になっているようですが。

倖田:最近やっと自分のやりたいことが分かったんですよね。「Crazy 4 U」のPVを撮ったとき、“あたしはこれがやりたかったんだ!”って。踊って歌ってセクシーで“峰不二子”みたいな。やりたいけど形にできてなかったこと、MTVとかいろんなクリップ見たりして、“こういうのがやりたい!”って自分の想像していたことが、やっと映像としてできたなって。今まで不思議な世界観のPVが多かったんで、現実味を帯びたPVになったかなって思うんですよね。

──アーティストやモデルで、とくにファッションの参考にしている人はいますか?

倖田:マイアとかヴィクトリア(・ベッカム)も可愛いと思うし、あとはアギレラのPVの衣装とかですね。

──ビヨンセやアギレラも過激な衣装で有名ですが、そういうのを見てライバルとして刺激を受けたりしますか?

倖田:日本のビヨンセ、アギレラと呼ばれるようにがんばるわ! よろしく! そんな感じですかね(笑)。すごく勉強になるし、参考にしてますね。尊敬してます。ライバルっていうよりは。体格も違うし、顔の彫りも。むしろ、日本のアーティストで胸とか出してる人がいると“コノー!”って刺激されますね(笑)。

──ビヨンセはジェイ・Z、アギレラはレッドマンなど、ラッパーとの共演が多いですが、倖田さんは?

倖田:実はこのアルバムでも3つぐらいフィーチャリングでラッパーを入れるっていう構想があったんですよ。でも、ちょとスケジュールが合わなくて企画倒れになってしまったんですね。でも、今すっごいヒップホップはまってるから、気持ちが乗ってるときにやらないと、ってのは思ってるんですよね。

──先日倖田さんが出演した、テキサス州のオースティンで行なわれたウシコン(米国最大級のアニメ、マンガのイベント)のライヴについて教えてもらえますか? スポーツ紙でも話題になっていてかなり盛り上がったとか。

倖田:日本語で歌ったんですけど、めちゃくちゃみんながノリノリだったんですよ。白人の女の子が「アリガトー」って言ってくれて「1000の言葉」ってバラードを歌ってるときだったんですけど。“ありがとう”ってやっぱり来ちゃいましたね。ばーって泣いちゃって大変でしたね。すっごい気持ちよかったですよ。

──日本のライヴと違うところはどこですか?

倖田:お客さんの反応。日本って、シャイな人が多くて、“來未ーっ!”とかって叫ぶ人も決まってるんですよ。あたし顔覚えてるから(笑)。でも、(アメリカだと)初対面でも目が合ったらガーって踊ってくるんですよ。そういうの見てると可愛いなって思うし、日本にもこういう文化があればいいなと思う。

──盛り上がる曲って違ったりします?

倖田:そんなに変わらないですねぇ。でも、結構全部盛り上がるかな。バラードとかでも長いのブレスなしで歌うと“ヒュー”みたいな歓声が起きたり。そういうの日本だとないじゃないですか。あとは、最初会場でステージの高さがこんぐらいだったんですよ(膝辺りを指差す)。それで、アメリカのスタッフがクレームを付けたらしいんですよ。倖田をこんなステージで歌わせられるかって。そしたら、次の日行ったら身長ぐらいのステージが出来てたんですね。それを運営スタッフの人が自費で作ったらしいんですよ。“クミにはいいステージで歌ってほしかった”って。それを聞いてまた泣いちゃって。

──今後どんなライヴをやって行きたいですか?

倖田:そうですね、やっぱり最近見てすごかったのがMISIAさん。ステージセットや演出もそうだし歌唱力も。あとは浜崎あゆみさんという存在も大きくて、やっぱりステージを見てプロやなって思ったんですよね。あたしはダンスという武器があるので、それを加えて倖田來未のステージにしていきたいですね。あとはやっぱり、“倖田來未ってCDで聴くより生の方がいいよね”って言われたいんですよね。

──R&Bなどクラブ・ミュージックだと狭い会場の方がビビッドに伝わるものがあると思うのですが、どんな会場でやりたいですか?

倖田:そうなんですけど、あたしは引田天功イリュージョンのようなものもやりたいんですよ。こっちから消えてこっちから出てくるみたいな。クラブではやり切れないことが多くて、セットが必要になってくると思うんですね。大きいセットがあって、衣装チェンジもあり、スクリーンで演出したり、そういうのも含めて倖田來未っていうイメージができたんですね。昔はライヴのことで精一杯でセットのことなんて頭になかったから。


<<前のページに戻る

取材・文●編集部

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報