平井堅、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のために主題歌を書き下ろす

twitterツイート
平井堅が、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(5/8公開)の主題歌として、楽曲を書き下ろした。タイトルは「瞳をとじて」。久々の本格派バラードで、シンガー平井堅の力量も存分に発揮できる内容になっている。映画の原作(「世界の中心で、愛をさけぶ」)は171万部を売り上げ、大ベストセラーとなった小説で、自分にとってかけがえのない大切な人を失った悲しみを描いたもの。この世界観と、平井堅の歌がどうリンクするのかも楽しみなところだ。

そして、この「瞳をとじて」が4/28にシングルリリースされる。カップリング曲は、イーグルスの名曲「DESPERADO」をアコースティック・ヴァージョンでカヴァー。現在、キリンラガービールのCMソングとしてオンエアされている。

このリリースを記念し、4/15(木)正午~オフィシャルサイト(http://www.kenhirai.net/)にて「瞳をとじて」の楽曲試聴と、平井堅本人による楽曲解説の公開がスタート。ほかにも映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の予告編も観られる。そして、発売日の4/28(水)深夜0時~36時間、Sony Music Online Japan(http://www.sonymusic.co.jp/)にて「瞳をとじて」のビデオクリップフルコーラス視聴を含むスペシャル企画が実施される。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報