コールドプレイが、レーベルのショウケースで新曲を初披露した。バンドのフロントマン、クリス・マーティンとドラマーのウィル・チャンピオンは、音楽関係者を集めて行われたレーベルParlophoneのショウケースで、ニュー・アルバムからのトラック2曲をパフォーマンスしたという。

『Music Week』誌によると、マーティンはパフォーマンスする前にニュー・アルバムはまだ完成しておらず、この2曲から出来を判断しないで欲しいと断ったという。「アルバムはいいものになる。今夜聴くものから、判断しないで欲しい。これから“トラック12”をプレイする。いまプレイできるのはこれだけなんだ」

マーティンは、このタイトル未定の“トラック12”を“コールドプレイ版ジョニー・キャッシュ”だと説明を加えた。2人はこの後「A Messeage」とよぶ曲もプレイしたという。

『Music Week』誌によると、曲はブライアン・イーノやクラフトワークなど'70年代のエレクトロ・サウンドやボブ・ディラン、デヴィッド・ボウイの影響が見られたという。

この夜のParlophoneのショウケースでは、このほか、ザ・デパーチャー、アイドルワイルド、アスリートらの短いパフォーマンスも行なわれた。

Ako Suzuki, London