ホワイト・ストライプス/ザ・ラカンターズのジャック・ホワイトが、ザ・キルズのアリソン・“ヴィヴィ”・モシャートらと結成した新バンド、ザ・デッド・ウェザーのデビューシングルがiTunesで本日より電撃配信された。

デビュー曲「Hang You from the Heavens」、そしてゲイリー・ニューマンのカヴァー「Are Friends Electric?」の2曲を収録したこのシングルは、ジャック自身のインディーレーベル、THIRD MAN RECORDINGSからのリリース。さらに、彼らのデビューアルバム『Horehound』は6月にリリース予定とのこと。

なお、ジャック・ホワイトのザ・ラカンターズとアリソンのザ・キルズは、2008年に一緒に全米ツアーを行なっており、その際、アリソンがザ・ラカンターズのステージに飛び入りしジャックとデュエットを披露している。

ザ・デッド・ウェザーは、アリソンがヴォーカルを取り、ジャックがドラムス/ヴォーカルを担当。さらに、ザ・ラカンターズからベースのジャック・ローレンス、ギターにはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのディーン・ファーティタが参加している。レコーディングは2009年始めに3週間ほどかけて、ジャック自身が設計したという“THIRD MAN STUDIO”で行なわれた。なお、プロデュースもジャックが務める。

デビュー時から姉弟ユニットのホワイト・ストライプスと何かと比較されてきた、同じく男女ユニットのザ・キルズ。両ユニットの色を混ぜ合わせたかのようなこの新バンドが、これからどのような楽曲を我々に提供してくれるのか楽しみだ。

◆BARKS iTunesチャンネル
◆iTunes Store The Dead Weather(※iTunesが開きます)