ANGERME announced that Moe Kamikokuryo has joined the group after auditioning.
When she appeared for the first time as a new member of ANGERME, we asked her "Who do you respect as an idol?".
She named Kanon Fukuda, the elder member of the group.
In response to Moe's words, Kanon said "I'm very happy and I wonder if I should postpone my graduation..."
(Kanon Fukuda should be graduating from ANGERME on November 29th.)

11月11日にCLUB CITTA'で行なわれたアンジュルムのニューシングル発売記念イベントにて、新メンバーとなる<2015 アンジュルム新メンバーオーディション>合格者「上國料 萌衣(かみこくりょう もえ)」がお披露目された。2015年7月から行なわれていた同オーディション。約1800名の応募者の中から選ばれたのは、ハロー!プロジェクトとして初めての熊本県出身の16歳・高校1年生の上國料萌衣だった。

「私たちからここで重大発表があるんですけど、新メンバーが決まりました。」

リリースイベント開演前、報道陣を集めた囲み取材中に、リーダー和田彩花から呼び込まれて登場した上國料。


まず和田が「萌衣ちゃんと初めてメンバーが会うという時、(萌衣ちゃんが)部屋入る前から泣いてたんですよ。それを見て「あ、もうアンジュルムになるべくして入ってきた娘だな」って思いましたね。アンジュルムは“天使の涙”という意味もあるので……。」と、今月上旬に行なわれた対面の瞬間を紹介したところ、和田のやさしい口調と“アンジュルムになるべくして入ってきた娘”“アンジュルムとは天使の涙”という言葉が心に響いたのか、それだけで上國料は「嬉しいです。」と一言つぶやき、瞳からはどんどん涙が溢れだす。

そしてあらためて「受かった時はやっぱりすっごく嬉しくて、今みたいに泣いちゃったんですけど、頑張っていかないとなって思います。特技はドラムセットを少し叩けます。私は人見知りなところがあるんですけど、本当はもっと弾けてるので、そこを見てほしいです。」と、意気込みを語った。


報道陣から、あこがれの先輩を訊かれると「福田花音さんです。」と、福田を横に恥ずかしそうに一言。アンジュルムのメンバーが驚きの声をあげる中、福田は「(アンジュルム)辞めるのやめようかな。」と、その決心が揺らぎ始める。「ちなみに2番目って誰ですか?」と中西香菜が訊くと、「中西香菜さんです。」と上國料。その言葉を訊いて「大好き!」と上國料に抱きつく中西。そんなふたりのまわりで他のメンバーたちが「え、嘘ついた?」とか言いたい放題。中西が「私がなんでも教えてあげます!」と、後輩の教育係に立候補すると、「卒業してもなんでも教えるからね。」と福田。報道陣は、そんな先輩ふたりが後輩を取り合う様子を笑いながら生温かく見守るほかなかった。

なお、なぜ福田に憧れるのかを訊かれると、「シンデレラの生まれ変わりというのも面白かったし、やっぱり歌がすごく上手なので。」と答える。一方、福田は、「私に憧れてくれてる人が今までほぼ皆無だったので、卒業間際で急にこんなに持ち上げられて、本当に卒業を悩むレベルに嬉しいです。」と、嬉しそうな表情を浮かべる。

そして、福田が「シンデレラの生まれ変わり」を自称していたことに関連して「自分は何の生まれ変わりか?」と訊かれた上國料は、ちょっと考えたのち、照れながら「白雪姫ですかね。」とコメント。これにアンジュルムのメンバーは「可愛い!」「説得力がある!」と、かつてのまろのシンデレラ発言時の反応とは180度異なる絶賛の言葉を送った。

「少しの間ですけど、この10人で頑張っていきたいなと思いますし、花音ちゃんを笑顔でお見送りし、そのあとは9人体制で新しいスタートを切りますので、これからもよろしくお願いします。」── 和田彩花

なお、福田花音は11月29日の日本武道館公演にて、アンジュルムおよびハロー!プロジェクトを卒業する。



オーディション審査員のひとり たいせいコメント

今回行なわれた<2015 アンジュルム新メンバーオーディション>で「上國料 萌衣」という熊本県出身の現在16歳高校1年生の女の子が選ばれました。
今回の合格者は1名です。
合格した「上國料 萌衣」ちゃんは、美少女なのはもちろんのこと、彼女の最大の魅力は「ピュア」なところですね。「目力」が強いというよりも、そこにスッと立っているだけで目を引く、不思議な魅力を持つ女の子です。
もともと「ハロプロ」が大好きで、前回モーニング娘。'14のオーディションを受けていた時、落ちたことがショックで、一時「ハロプロ」が嫌いになるという、まるで「ハロプロに恋する乙女」のよう。
そんな「ハロプロが大好き過ぎる!」女の子です。
唄も聞かせてもらいました。技術的なことはさすがにまだまだですが、素材しては「ピカイチ」です。声も「キラッ!」とした部分のある、とてもいい声をしていると思います。特筆すべきは表情やニュアンスを読み取るセンスがある! 表現も自分なりに頑張ってる! こういう子は磨くとどんどん光るかも!
最初のうちは歌もダンスも付いていくので必死だと思いますが、この子がどう「化ける」のか、またこの子が入ってアンジュルムがどう変化するのか!
今から楽しみです。

たいせい