みうらじゅんの仮性フォークが遂にDVD化!

ツイート
ミュージシャンみうらじゅんを語る上で欠かせないのが、当BARKSのインターネットラジオBOWで絶賛放送中の「みうらじゅんの仮性フォーク」。みうらじゅんが高校時代から制作した400曲近くの楽曲を全作品解説入りで放送するという前代未聞の大河ネットラジオで、現在ではすでに35回の放送を数える人気番組。この番組が遂にDVD化され、ミュージシャンみうらじゅんのすべてがお茶の間でも楽しめるようになった。

タイトルは「みうらじゅん DTF 童貞編」。これは、高校~予備校までの童貞期に作られたオリジナル楽曲の集大成で、通称“青盤”と呼ばれる。シリーズとして“非童貞編”も予定されており、こちらは“赤盤”と呼ばれる。内容は、若気の至りとしか言いようのない当時の音源を全曲放送し、ゲストの山田五郎による当時の風俗や音楽の解説、チャチャ入れ、容赦ないツッコミが浴びせられる。'70年代の青臭い青春のロマンチシズムを全世界に発信するという、今まで誰もがなしえなかった暴挙といえよう。

このDVD、ボーナストラック180分 みうらじゅん撮り下ろしイントロ映像、みうらじゅんオリジナルCGアニメ、カセットテープ型ブックレット、一部5.1chサラウンド音声という特典があり、なんといっても一枚の盤に総収録時間1420分(23時間40分)、総収録曲198曲ということで、現在ギネスブックに登録を申請している。

また、'03年12月27日にさいたま市文化センターで行われた<みうらじゅんの青春ノイローゼでショー>という「仮性フォーク」のイベントのライヴDVDも同時発売になる。年末の忙しいさなかに行われたこのイベントは、2000枚のチケットが瞬間で売り切れになり、内容は約30年前のカセットテープの音源を聴きながらトークが交わされるという、フィルムコンサートならぬカセットコンサート。ゲストに大槻ケンヂと泉麻人を招いて、みうらじゅんのヘナチョコな青春時代の遺産がお披露目されたのだ。

みうらじゅんファンならもちろん、自分の青春時代の恥ずかしさを共有したいと思っている人にもオススメの2枚だ。

DVDの詳しい内容はコチラで
https://www.barks.jp/feature/?id=1000000400
この記事をツイート

この記事の関連情報