『The Sun』紙に報道されたバンド・エイド20の裏話をいくつか。

●U2のボノは当初、あの有名なライン「Well Tonight Thank God It's Them Instead Of You」を再び歌うのを躊躇していた。20年前にレコーディングして以来、罪悪感を抱いていたからだという。当時の彼は、曲の要とも言えるあのパートをどう歌ったらいいかわからず、ブルース・スプリングスティーンの真似をしたのだそうだ。ボノはこう明かしている。「あれは大事なラインだ。歌いたくなかったんだ。俺の声じゃ無理だと思った。だからスプリングスティーンのもの真似をしたんだよ。でも、トイレに座わるスプリングスティーンって感じだったよな」ちなみに今回は、ささやくような声でレコーディングしたという。

●ラッパー、ディジー・ラスカルは、彼に与えられたパートを聴くと、その場でそれを見事なラップに変え、マイクの前に立ったという。しかも録りは1度で終了、その才能を披露した。

●ブラーのデーモン・アルバーンが配ったお茶は無料ではなかったようだ。アーティスト達は、彼からドリンクを受け取るたびにチップを払わなくてはならなかったという。しかし当然のこと、彼はこうして集まった数百ポンド(数万円)をバンド・エイド財団に寄付している。

Ako Suzuki, London