オアシス、いよいよニュー・アルバムをリリース

ツイート
ようやく、オアシスの新作が完成したようだ。ノエル・ギャラガーがラジオ番組のインタヴューで6枚目となるニュー・アルバムについて詳細を明らかにした。12曲収録のアルバム(タイトル未定)は、5月16日(英国発売)に発売されることが決定した。

曲作りには、ノエル&リアム・ギャラガー兄弟をはじめ、ギタリストのジェム・アーチャー、ベーシストのアンディ・ベルが参加。メンバー全員が作曲に係わったことで、思い入れのある作品となったようだ。ノエルは、BBCラジオ1でこう話している。「新作は、前の4作の中で1番気に入ってる。全員がソング・ライディングに貢献したからね、特別な思いはあるよ」

メンバーそれぞれ、違うタイプのアーティストに影響を受け曲作りをしたようだ。「俺は、去年はボブ・ディランばっかり聴いてた。リアムはリバプール出身のバンドをね。ジェムはロックンロールだったけど、ジェットってわけじゃない。言いたいこと、わかるだろ? そしてアンディは、オアシスみたいなのを作った」

ノエルは中でも、弟リアムの作ったトラックがお気に入りのようだ。「リアムの新曲はどれも面白い。スゴクいいよ。特に「Guess God Thinks I'm Able」。最後の30秒はぶっ飛ぶよ」

また1stシングルには、リアムではなくノエルが歌う曲を選ぶかもしれないという。「リアムは、ちょっと変だって思ってるんだ。自分がバンドを辞めたって思われるんじゃないかって、考えてるんだよ」

オアシスは、6月29日からUKでスタジアム・ツアーをスタートする。ノエルは「サポートにすっばらしいバンドを頼んでるところだ」と付け加えた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報