ジムノペディ、ロック、ジャズ、昭和歌謡、そしてクラシックがクロスオーバーした独自の世界

ツイート

ロックバンドという形態の中に、ジャズやラテン、そして昭和歌謡までをも飲み込み、そのオリジナリティの高さで独自の世界を作っているジムノペディ。

戦前の古きよき歌謡曲を思わせる情緒溢れる歌詞とメロディ、緻密に計算されたオケでありながら、その中に切り込むノイジーなギター。およそ、このような世界を作り上げたバンドは他には決して見当たらない。

彼らの3rdアルバム『8つの小品』が3/2にリリースされた。それぞれが短くまとまった作品ながら別個の小宇宙を含んでおり、その完成度の高さに唸ならされてしまう佳曲揃いのアルバムだ。

可愛さの中にも妖艶な女を表現するヴォーカリストであるナオミと、物悲しいsaxで曲の色彩を操る小林殉一の二人に話を訊いた。

この特集ではインタヴューの他に、4本のPV映像、そして最新アルバムの全曲試聴も行っているので、ぜひそれぞれをクリックして、ジムノペディの世界を楽しんでほしい。


3rdアルバム


『8つの小品』

GFCC-0007 \2,300(tax in)
2005年03月02日発売

01.不埒な食卓への前奏曲
02.片道キャンドル
03.~スタッカート練習曲第7番~
04.スタッカート
05.アコーディオン、あげる
06.メリル
07.~主従のための練習曲第19番~
08.主従関係
09.低血圧なカルテット
10.テヌート

インスト曲以外、全ての曲が 曲名をクリックしてください!

▼このCDを購入するには

メッセージ映像


オフィシャルサイト


http://gymnopedie.main.jp/





プレゼント応募ページへジャジーなドラムスとベースライン、テーマの艶っぽいソプラノサックスに促されるようにヴォーカルが絡み付いていく。ユラユラ、ヒラヒラ舞う雪の中で、妖しく、しどけなく歌うナオミに注目!




ティアラにファーのゴージャスなナオミと、少女でもあり妖婦のようでもあるナオミ。音が引っ込むところでの哀愁を帯びたサックスが心に響く。歌詞もじっくり味わいたい佳曲。




プレゼント応募ページへ2ndアルバム『今宵も、うたかた探し』収録の熱きワルツ曲。本当に今は平成? それとも昭和? 時間の概念がなくなるほどの歌世界の強烈なイメージが聴き手をくすぐる




プレゼント応募ページへこれも2ndアルバム『今宵も、うたかた探し』収録。身体が横に動くような5拍子のグルーヴ! 仔猫が巡り歩くようにナオミのスキャットが家中にこだまする。
この記事をツイート

この記事の関連情報