<MTWB2005>シークレット・ゲストで登場したスガ シカオ

ツイート
「今日はひとりで演るぜ!」と登場したのは、スガ シカオ。MEET THE WORLD BEATのシークレット・ゲストとして出演した。

15分の休憩を挟んだ後(そう、このMEET THE WORLD BEATは大と小のステージが前方にあり、ステージ転換時もどちらかが常にパフォーマンスをしているのだが、前半~後半の間に15分の休憩があった)、15:45からスタートした後半のトップバッターは、シークレット・ゲスト、スガ シカオだった。

スガ シカオが登場すると、会場からは「おー!」という歓声が。この日、スガはTシャツにジーパンとラフな格好で、アコースティク・ギターを持って「黄金の月」を弾き語った。炎天下の元、その熱をなだめるかのように、ゆっくりと、じっくりと丁寧に歌う様子に会場もうっとりだ。そして「僕はデビュー以来、“スポーツしなさそうだ”とか“変態っぽい”とかってイメージが付きまとってる気がする! 今年は夏に向かって爽やかな曲を作ってきました!」と新曲「奇跡」を披露。“2005ABC夏の高校野球統一テーマ曲”というこの曲で高校球児をサポートという、意外なタイアップだけれど、サウンド面ではスガ節はそのまま。どうもアダルトな匂いがするのは気のせい…!? そして「夏陰~なつかげ~」もテレビ朝日・ABC系列“熱闘甲子園”エンディング・テーマとなっているけれど、スガが歌う艶のあるけだるさが、やはりアダルトで…。やっぱり彼の魅力は変態……じゃなくて大人なところなんだろうなと感じさせてくれたライヴだった。

写真●田浦 薫


セットリスト@<MEET THE WORLD BEAT>2005.7.24
1:黄金の月
2:奇跡
3:夏陰~なつかげ~


BARKS夏フェス特集2005
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010016

MEET THE WORLD BEAT 2005 特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010279
この記事をツイート

この記事の関連情報