スマッシング・パンプキンズ、春に再結成か!?

ツイート
ビリー・コーガン(Vo)が米有力紙にスマッシング・パンプキンズの再結成を望む“広告”を掲載(https://www.barks.jp/news/?id=1000009163)してから7ヶ月、コーガンの復帰への気持ちはさらに深まっているようだ。解散時には「もう戻ることはない」としていた彼だが、新たに結成したグループに「心はない」と分かり、「自分の中で壊れたものを癒すため故郷に戻った。驚いたことに、探し求めていたものが見つかったんだ……俺の心はシカゴにある。そう、スマッシング・パンプキンズの中にあるんだ」とのコメントを発表した。

これにジミー・チェンバリン(Dr)が同意。最新のワールド・エンターテイメント・ニュース・ネットワークによると、コーガンは先日、自身のブログサイトに「間もなく驚きの事柄が発表される……焦らないでで。待てば必ず良いことが訪れる。みんな、驚くのは嫌いじゃないだろ?」とのメッセージを掲載した。バンドは4月末にカリフォルニアで開催される音楽フェスに登場するのではないかとの見方が強い。スマッシング・パンプキンズは2000年に解散。コーガンは昨年('05年)ソロアルバム『ザフューチャーエンブレイス』をリリースした。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報