ジェイムス・ブラントが全米シングルチャートで久しぶりの記録を作った。大ヒットソング「You're Beautiful」がビルボード・ホット100シングルチャートで1位を獲得。Billboard.comによれば、イギリス出身のアーティストとして同チャートを制したのはエルトン・ジョン以来9年ぶりだという。この曲はほかにポップ100、デジタルソング、アダルト40の各チャートでも1位を獲得している。出身国の英国をはじめ、日本ほか、全米でも大ブレイクした感じだ。

ちなみに、エルトン・ジョンの当時のNo.1ソングは故ダイアナ妃に捧げた「Candle in the Wind」。

ブラントのアルバム『Back To Bedlam』は現在全米アルバムチャート5位。4月に東京・名古屋・大阪で来日公演を行なう。

T.Kimura