今年の2月にデビューから丸9周年を迎え、ついに10周年目へと突入したスガシカオ。今年に入ってからも、NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』主題歌のために結成されたスペシャル・ユニット“kokua”への参加や、TVアニメ『xxxHOLiC』のオープニング・テーマ「19才」のリリースなど、幅広いジャンルで精力的に活動を続けている。そんな彼が6月21日、ニュー・シングル「真夏の夜のユメ」をリリースした。

この曲は、今話題の映画『デスノート』の挿入歌。彼は映画の原作であるコミック『デスノート』の大ファンで、このオファーを快諾して新曲を書き下ろしたのだ。ちなみにこの作品は通常盤の他に、コミックの原作者である小畑健によるオリジナル・ジャケット仕様のスペシャル・エディションと、DVDが付いた初回生産限定盤の3アイテムが同時発売。初回生産限定盤のDVDには、映画『デスノート』とスガシカオのコラボレーションによるビデオ・クリップが収録されている。

そんな彼からメッセージ映像が到着! 今作への思い入れや、彼の『デスノート』のファンっぷりがよーく表れたメッセージとなっているので要チェックだ!

メッセージ映像はこちら!
https://www.barks.jp/watch/?id=1000014830