RIP SLYME、1万人でFUMIYA復活祭!

twitterツイート
先日5枚目となるオリジナル・アルバム『EPOCH』を発売したRIP SLYMEが、12月21日に日本武道館にて<RIP SLYME無料(タダ)武道館ライブⅡ~From R~>を開催した! この2年間、FUMIYAが療養中だったため5人揃ってのライヴは約2年ぶりだ。(■その他の大きい写真はこちら!

この日のライヴはニュー・アルバム『EPOCH』のリリース記念はもちろんだが、ライヴ中にメンバーが何度も“FUMIYA復活祭”と口にしていたように、FUMIYAの復帰を10,000人で祝う盛大なパーティのようだった。

そんなFUMIYAは1曲目を終えたところで話題の乗り物“セグウェイ”(写真参照)に乗って登場! 会場からは“FUMIYA、おかえり!”という声が響いた。ライヴ中盤にも、ステージにFUMIYAが1人だけ残ってMCをする場面も。“お前は2年ぶりだからMCをやれと言われた”と言ってリップで唯一MCではない男が慣れないMCをしつつも“ここにまた戻ってこれたことがすごくうれしい”と感謝と喜びの気持ちをファンに伝えた。

もちろんこの日はアルバム『EPOCH』のリリース後初のライヴでもあるわけで、新作の楽曲を中心に全20曲を披露。アルバム収録曲はライヴ初披露になるため、会場も1曲目からヒート・アップ! 会場から一歩外に出ると真冬の寒さだったが、会場内は「Island」の楽曲通り、まさに南国だった。

そしてこの日のライヴはプレゼントが満載! 『EPOCH』の中の「パーリーピーポー」では、楽曲に参加しているverval(m-flo)が20人のサンバ隊を引き連れて、突如ステージに登場し、さらに「レッツゴー7~8匹」ではコラボしたスチャダラパーも登場。そんな信じられないほどのスペシャルなシークレット・ゲストに会場は大興奮となった。

そしてステキなプレゼントがもう1つ。来場者には“しまうま”の形をした赤、緑、青に光る「光るブロゥチ」(アルバムが『EPOCH』なだけに、エポック社製!)がプレゼントされ、同封の紙には“メンバーから合図があるまで点灯しないでください”とのメッセージ。そしてライヴ後半の「Present」の演奏前についに点灯の合図が! 同時に真っ暗な客席は無数の光に包まれ、会場全体がクリスマス・ツリーのように光輝いた。

そうして約2時間にわたるライヴは、大興奮のうちに幕を閉じた。今後彼らは12月25日に、毎年恒例のクリスマス・ライヴを恵比寿ガーデン・ホールにて行なうことが決定している。昨年の<VIP’S LIVE>に続き、今年は初の試みとなる<CHRISTMAS CLASSICS>として開催される。最高傑作との呼び声が高い『EPOCH』をリリースし、FUMIYAも完全復帰と、さらにパワー・アップしたRIP SLYME。今後彼らはどこへ向かうのか!? これからも目が離せない!

RIP SLYME、1万人でFUMIYA復活祭!~写真編~はこちら!

「ブロウ」のPVはこちら!

『EPOCH』特集ページはこちら!
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報