越中睦、世界国際平和基金のマスコット・キャラクターに任命

twitterツイート
一世を風靡したヴィジュアル系バンド“Λucifer(リュシフェル)”のヴォーカリスト、MAKOTOこと越中睦が、世界国際平和基金「BRIDGES」のアジア地域マスコット・キャラクターに任命された。

同団体は、リヒテンシュタインのアルフレッド王子がオーストリアのウィーンを本拠地に設立し、これまでエルトン・ジョンやプライマル・スクリームも活動。アジアに広めるため、王子がタイのプミポン国王三女に相談したところ、三女がリュシフェル時代からの彼のファンで、タイで絶大な人気を誇る睦を推薦したのだという。

今後は、東南アジア諸国の学校をまわり、平和をテーマに講演会やイベントを開催する予定。収益は、学校や施設を設立するための資金に充てられる。

睦は「自分の歌を届けることで、国際平和に貢献できてとても幸せ。アジア代表として頑張っていきたい」と意欲を語っている。

また、11月17日の仙台CLUB JUNK BOXから、9月26日発売の1stフル・アルバム『flair』でのソロ・デビュー後、初の全国ツアーを行なう。

▼越中睦 メッセージ映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000020037
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス