山崎まさよし、『COVER ALL YO!』『COVER ALL HO!』インタビュー

ツイート

──洋楽と邦楽のカヴァーアルバム。長年の念願かなってという感じなんですか? 相当選曲は大変だったと思いますが。

山崎まさよし(以下、山崎):いや、そういう印象があるらしいんですが、この企画がなかったら自分からはやらなかったでしょうね。全編カヴァーのアルバムって、どこに向かって作っていけばいいのかわからないんですよ。だから選曲は時間がかかりましたね。選曲、アレンジとも、“終わんねー”と悲鳴を上げてました。“できるわけないじゃん”って文句は最後まで言ってたんですけど、僕がレコーディングを終了させないと、すべてが水の泡になっちゃいますからね。相当プレッシャーはありました。

──選曲の一番のポイントになったのは?

山崎:僕から何曲か候補は出したんですが、自分だけではどうしようもなくて、スタッフにも募って話し合いで決めていきました。だから思い入れの深い曲を揃えたっていうわけじゃないんです。これは合うんじゃないかとか、これが入れば良いんじゃないかとか、いろいろと話し合ってですね。一人でやっちゃうと、ある意味で音楽的な人生なんかも反映してくるだろうし、時代が偏るかもしれない。ある程度ポピュラリティを持たせるためには、人の意見が必要でしたね。でも、原曲のファンの期待を裏切らないようにとか、崩さずにとか考えていると、もう難しくて難しくて。

──ハマっちゃいますね。

山崎:時間の制約がありますからね。オリジナルアルバムだったら、自分の作品だったらどう作ってもいいんですが、もう存在している曲を扱うというのは、正直難しかったですね。

──ジャケット写真が、妙に似合いまくっているから面白いですね。

山崎:コスプレは思い切りが大事ですね。恥ずかしがってたらカッコ悪いんですよ。成り切り度が肝要。このコンセプトはもうスタッフが決めてて、“こうしなさい”と。んで僕は“勝手にしなさい”と(笑)。

──レコーディングは自宅で?

山崎:はい。システムはレコーディングスタジオと変わらないんで。ベーシックは自宅で作って、そこから考えましたね。もちろん、リズムとかブースが必要な場合は外のスタジオに行きました。今は、音の質感やクオリティが家もスタジオも変わらなくなってきたんで、持っていったり持って帰ったりで仕上げていきましたね。

──作業はどんな感じで進んだんですか?

山崎:煮詰まりはしなかったんですよ。今回は10曲づつっていうのが決まっていたから、“今日はもうアイデア出ないな”ってなったら、別の曲に移ったり。曲数が多い分、他の曲をやることが気分転換になったというか。

──それにしても選曲とアレンジは絶妙ですね。『YO!(洋)』で特に思い入れのある曲はどれですか?

山崎:「Englishman In New York(スティング)」はボサノヴァのいいノリが出ましたね。でも一番印象深いのは、家でほとんど仕上げた「ALL MY LOVING(ビートルズ)」ですね。力が抜けてて非常にいい感じです。このアレンジはすぐに決まりました。前からビートルズの曲はこういうアプローチで演ってたりしたし、実際に、ポール・マッカートニーの前で、このスタイルで弾いたこともあるんです。だからこの曲は入れることにしました。

──そのときのポールの反応はどうだったんですか?

山崎:一緒にちょっと歌ってくれて。でも“一箇所コードが間違ってるよ”って。本当はマイナーなのにメジャーで弾いてたんですね。“メジャーじゃない、マイナーだ”って言われました(笑)。

──「True Colors(シンディ・ローパー)」は唯一の女性ボーカリストの曲ですね。

山崎:これは歌うのに勇気がいりますね。女性が書いた詩と男性の書いた詩では明らかに違うんですよね。でも英語の場合は、そんなに抵抗なくいけるんですよね。男でも女でも“YOU”は“YOU”だし、“あなた”も“君”も一緒。ただ、日本語はちょっと戸惑います。

──『HO!(邦)』は女性曲が多いんですよね。

山崎:そうなんですよ。女性が元気になってきた頃の歌が多いです。ちょっと歌うのが恥ずかしいんですよね。具体的なんですよ、女性が男性に対して歌うというのは。それを男性の僕が歌うというのが恥ずかしいんですよ。“いつも一緒にいたかった”とか“隣で笑っていたかった”なんて、男は言いませんよね。どっちかっていうと“隣で笑わせたかった”か“笑われたかった”ですよね(笑)。

──でも、キョンキョンの「あなたに会えてよかった」なんて出色の出来ですよ。

山崎:やっぱり照れがあるんで、ブルースみたいに男っぽくするか、あるいはDUBみたいに誤魔化すか、サウンドで逃げるしかないみたいな(笑)。

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス