詩月カオリ、私の好きなマンガ10冊

ツイート

以前、何故だかハチミツ色が好きな時期がありまして、そのタイトルで恥ずかし~い詞をこっそり(笑)書いたこともあったのですが、ちょうどその頃に出会ったのがこのマンガ、通称“ハチクロ”です。何度読んでも泣けてくる…内容はもう解ってるはずなのに同じところでいつもやられてしまう…そんな素敵な作品です。登場人物それぞれが、色んな感情を味わいながら、葛藤しながらも本当に心が求める道へと進んで行く姿に感動の嵐でした!

▲ページ先頭に戻る

インタビューの中にも出てくるマンガです。表紙から発せられる怪しい魅力?に惹かれて購入。ちょうど2ndシングル「Chasse」のカップリング曲の作詞をしていた頃にも読んでいました。作詞をしていて何回も挫けそうになった私に、いつも愛と勇気と感動を与えてくれたのがこのマンガ。絵がとっても可愛くて共感できるところもいっぱいあって本当に大好きです。

▲ページ先頭に戻る

友達が古本屋さんで買ったという2巻を貸してくれたことから、すっかりハマってしまったマンガです。結局今までに販売されているもの、すべてを買い揃えてしまいました。もちろん友達には2巻以外を貸すことに…。結果的にはまんまとハメられちゃたわけなんですが(笑)、でもホントに面白いので逆に感謝です!同じ名前を持つ二人の“ナナ”の運命が、これからどうなって行くのか今後も目が離せません。

▲ページ先頭に戻る

本屋さんでオススメされていたので、思わず購入してしまったマンガです。帯にも“読み始めたら止まらなくなりました”と、柴咲コウさんのコメントも付いていたので…。そのコメント通り最後まで一気に読んでしまいました。読んでいると本当に切なくなってしまうのですが、でも周りの人達の愛に支えられながら、辛くて悲しい過去を受け入れて今を強く生きていこうとする主人公に“未来への希望”を感じて、最後には温かい気持ちになれましたね。色々考えさせられた作品です。

▲ページ先頭に戻る

このマンガは、ケータイ小説からコミック化されたそうです。表紙の柔らかい優しい絵に惹かれて購入してみました。そしてついこの間、この作品の映画も観てきました。運命の人に出会って、いっぱい傷を負いながらも、でも相手への想いを絶やすことはなかった一途な恋に感動してしまいました。“君は 幸せでしたか?”“とても幸せでした”…涙をこらえて、きょうも空を見上げる…とても切ない恋物語です…。

▲ページ先頭に戻る

「シュガシュガルーン」を読んでから、すっかり安野モヨコさんワールドに虜になってしまった私。違う作品も読んでみたい!と思って購入したのがこのマンガです。表紙がとにかくオシャレで可愛いです。夢に恋にと、時には挫折も経験しながらも、キラキラ真っすぐに突き進んでいく主人公が本当に愛らしいです。いろんな宝物に出会える、そんな作品だと思います。

▲ページ先頭に戻る

このマンガとは去年の冬の時期に出会いました。寒い冬を明るくしてくれそうなカラフルな表紙が印象的でしたね。オシャレでカワイイ服がいっぱい登場して、見ているだけでも楽しくなりますよ♪ 夢に向かって頑張る主人公が、いつしかお隣に住む幼なじみの男の子が気になるようになって…と、私も一度はこんな恋に憧れちゃいましたね(笑)。夢と恋の間でいっぱい悩んだりもしながら…でもやっぱり自分の気持ちに正直に生きていくのが一番幸せなんだなぁと感じさせてくれた作品です。揺るぎない夢や信念は、人に強さを与えてくれますね。

▲ページ先頭に戻る

このマンガは、たまたま入った古本屋さんで見つけた作品です。エンジェルという言葉に惹かれ立ち読みしてみると、すごく面白かったので2巻4巻は無かったにもかかわらず即購入。“エンジェルリップ”という羽の生えたこのリップを付けると自信が湧いてくるという不思議なお話です。最初はこのリップに頼っていた主人公ですが、リップを付けなくても自分を信じることができるようになって…。自分を信じることってなかなか難しいですけど、ちょっとずつでもそうなれたらいいなって思いますね。

▲ページ先頭に戻る

砂時計を読み終わって次に購入したのがこのマンガです。一度ハマってしまうと違う作品もすぐに読みたくなってしまう単純な私。「月と湖」というこの素敵なタイトルにも惹かれました。気付いたら好きになっていた…気持ちをどうにもコントロールすることができない…つい不安になってしまう…。この作品は、そんな甘くて切ない恋物語です。

▲ページ先頭に戻る

最後はやっぱりコレでしょう!今回このアニメのエンディングを歌わせていただくことになりました作品です。面白いです!ハヤテくんもヒロインのナギちゃんも、本当に天然で勘違いも多くて見ていて癒されますね。そして、何がなんでもナギちゃんを守るハヤテくんは逞しいしカッコイイです。でも一番好きなのは、“タマ”です☆ 今後の二人の展開も楽しみですね!

▲ページ先頭に戻る

まだ出会っていない素敵なマンガが、まだまだいっぱいあると思いますので、
これからもちょくちょく本屋さんに通ってチェックしたいなぁと思っています。
ありがとうございました!

この記事をツイート

この記事の関連情報