「ねえ、どんなキスがしたいの?」─── 女の子に言われたならドギマギしちゃいそうな “キス” に関する調査結果が発表された。

5月23日は「キスの日」。ということで、第一興商は、「キス」「チュウ」「くちづけ」などをタイトルに含む楽曲のカラオケランキング調査を実施した。

●「キスの日」カラオケリクエストランキング(30位まで)
https://www.barks.jp/feature/?id=1000040216

通信カラオケDAMの歌唱度数から算出された、「キス歌カラオケリクエストランキング」の1位。つまり “1番お願い(=リクエスト)したいキス(の歌)” に選ばれたのは、DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」。やっぱりみんなのリクエストは、強引に奪われるようなものでも、絡みつくようなエロチックなものでもなくて、吉田美和が紡いだ世界観のような、<髪を撫でて 肩を抱いて> される “やさしいキス” ということ…か?

ちなみに2位は、福山雅治と柴咲コウの期間限定ユニットKOH+の「KISSして」。3位には小柳ゆきの「あなたのキスを数えましょう ~You were mine ~」が続く。

また、TOP10の中には、高橋ひろ「アンバランスなKissをして」とあんしんパパ「はじめてのチュウ」が7位、8位に入るなど、定番のアニメソング系もランクインした。

いずれにしても、1年に一度の「キスの日」。 “はじめてのチュウ” に憧れてる人、“今すぐKiss Me” な人、“車の中で隠れてキスをしよう” と誘ってやろうと思っている人、そして “KISSに撃たれて眠りたい” 人も、まずはその “キスを渇望しているんだという強い気持ち” を歌に込めて、それとなく意中の相手に伝えてみては?

●「やさしいキスをして」のCD情報
https://www.barks.jp/cdreview/?id=52027599

追記) ところで、何故に5月23日がキスの日?…と思っているあなた。1946年日本で初めてキスシーンが登場する「はたちの青春」という映画(佐々木康監督)、その封切りの日がこの日だったのです。ほんのわずかに唇を合わせるだけのキスシーンにもかかわらず、終戦間もない激動の日本にとって、これは大事件だったんですね。映画館は連日満員だったそう。