pe'zmoku、サマソニでトンガリ旋風

ツイート
「とがっていこうぜ!」を合言葉に、赤いトンガリ帽子を身につけ、7月9日にミニ・アルバム『ギャロップ』でデビューを果たしたpe'zmoku。タイトル曲「ギャロップ」は、全国ラジオ20局以上でパワープレイ等の冠を獲得。また、マツモトキヨシのCMに出演するなど、話題が尽きない彼らは、現在、全国の夏フェスに出没中。そして8月9日(土)には、日本3大ロックフェスの一つ、<SUMMER SONIC '08>に参戦した。

彼らが登場したのは、オールナイト・イベント「朝まで生ソニ」のDANCE STAGEと名付けられた会場。スクリーンに映し出される映像とまばゆいライトショー、深夜という時間帯もあってか、ハイテンションな熱気に包まれたフロアでpe'zmokuの圧倒的なパフォーマンスが繰り広げられた。時折、フロアにライトが当たると、赤いトンガリ帽子を被った観客の姿が映し出される。熱い演奏をするステージ上のトンガリと、フロアで踊り狂うトンガリ…。SUMMER SONIC始まって以来のカオス的な光景の中、誰もが音に酔いしれた。そしてライヴも最高潮に達した時、突如、次回作のリリースが発表され、客席から大歓声が沸き起こった。

「世間では嫌なニュースが沢山あって、日本中が元気ない。俺らの音楽で元気になって、そしてその元気を周りに分けてやってください。」そんな彼らの熱い言葉に、「とがっていこうぜ!!!」と観客から声が上がる。そしてアルバムのタイトル曲「蒼白い街」が披露された。突き抜けるようなsuzumokuの力強い歌と、弾けまくるパンキッシュなサウンドが既にファンの間で絶大な人気を得る曲だ。フロアのテンションも一気にピークに達する。この日は、他にも新曲が次々披露された。

“侍ジャズ”とも称される世界基準のPE'Zサウンドと若き天才シンガー・ソングライターsuzumokuが融合し、誰もが予想しなかった新ジャンルの音楽を生み出したpe'zmoku。前作のリリースからわずか3ヶ月という短スパンで発表される新作には、前作以上にエネルギッシュな楽曲が揃う。

この2ndミニ・アルバム『蒼白い街』は10月8日(水)に発売。既に初の全国ツアーも決定しており、今秋、日本中にトンガリ旋風が巻き起こりそうだ。

<Fes、Event出演情報>
8月3日(sun)SURFSIDE RADIO'08
8月9日(sat)SUMMER SONIC 08
8月13日(wed)J-WAVE LIVE 813
8月16日(sat)RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
8月30日(sat)WIND BLOW’08-OMAEZAKI-
9月7日(sun)Rock'yun Live Tours in郡山
9月14日(sun)ベリテンLIVE 2008
9月21日(sun)AOMORI ROCK FESTIVAL ‘08
and more…!

<pe'zmoku Tour 1st set ~はじまり、はじまり~>
9月27日(sat)浜松 窓枠
9月28日(sun)京都 磔磔
9月30日(tue)徳島 JITTERBUG
10月02日(thu)岡山 MO:GLA
10月03日(fri)岡山 MO:GLA
10月16日(thu)千葉 LOOK
10月17日(fri)仙台 LIVE HOUSE enn
10月18日(sat)仙台 LIVE HOUSE enn
10月20日(mon)下北沢 SHELTER
10月28日(tue)名古屋 アポロシアター
10月29日(wed)名古屋 アポロシアター
11月06日(thu)渋谷 CLUB QUATTRO
11月07日(fri)渋谷 CLUB QUATTRO

■pe’zmoku オフィシャルサイト
http://pezmoku.com 
http://www.pezmoku.net
http://www.worldapart.co.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報