スリップノット、瞬間的に安室奈美恵を抜いていた

twitterツイート
8月20日にリリースされたスリップノットの4thアルバム『ALL HOPE IS GONE』が、9月1日付けオリコン洋楽チャートで堂々の1位を獲得した。さらに、総合チャートでは安室奈美恵のベスト・アルバム『BEST FICTION』に次ぐ2位という、ファン狂喜のヒットを記録している。

2008年の洋楽アルバムで、オリコン総合チャートのウィークリーでトップ3入りしている作品は、オフスプリング『Rise and Fall, Rage and Grace』(6/23付)、コールドプレイ『美しき生命(原題:VIVA LA VIDA)』(6/30付)だが、ともに総合チャートでは3位。

スリップノットとしては、2004年5月にリリースされた3rdアルバム『Vol.3:(The Subliminal Verses)』に続き、2作連続での総合チャート2位となる。さらに、今作ではバンドにとって初の洋楽チャート1位という栄冠も手に入れた。

また、この『ALL HOPE IS GONE』は発売日の時点で、いま日本でもっとも売れている安室奈美恵『BEST FICTION』を抜き、デイリー・アルバム・チャートで1位(8/19付)を獲得していたことも、加えてお知らせしておきたい。

店頭にも問い合わせが殺到し、一時的に入手困難な状況になりかけたほどの人気ぶりを見せているスリップノットの最新作『ALL HOPE IS GONE』。現在、RoadRunner Japanの公式ページでは、メンバーのコメント付ブログパーツを期間限定で好配信中。

ちなみに、スリップノットの大ファンでもあるつるの剛士(羞恥心)は、「スリップノット宣伝部長」に任命され、日本最大級といわれる超ビッグなアドトレーラーをプロデュース(写真)。新宿駅と渋谷駅近辺を走行し、爆音覆面集団とつるの剛士の意外なコラボレーションが世間を騒がせ、8月26日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』でも紹介された。

オフィシャルサイト
ロードランナー・ジャパンHP
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon