東京事変、4作目のアルバム制作に向けて活動開始

ツイート
2008年夏に行なった自身主催のライヴイベント<SOCIETY OF THE CITIZENS vol.2>以降、沈黙を守ってきた東京事変が、4作目のアルバム制作に向けて新プロダクツをスタートさせた。12月2日にはニュー・シングル「能動的三分間」をリリースする。

2007年9月にリリースされた前作『娯楽(バラエティ)』では、各メンバーが楽曲を持ち寄り、椎名林檎は作詞と歌唱に徹するという大胆なシステムチェンジを行ない、驚きと共に新たな支持を得た。その後、2008年に10周年を迎えた椎名林檎はソロ活動に専念し、メンバーもそれぞれ精力的にソロ活動を展開していた。

そんな彼らが約2年のインターバルを経て、再び集結。シングル「能動的三分間」リリース後には、12月28日~12月31日にわたり幕張メッセで開催される<COUNTDOWN JAPAN 09/10>に出演するほか(東京事変は12月30日に出演)、2010年春には全国ツアーが決定している。ツアーの詳細は、10月23日12時にオフィシャルサイトにて発表される予定。4作目のアルバムでは一体どんな進化を見せてくれるのか、今から期待が高まりそうだ。

「能動的三分間」
TOCT-40280 ¥1,000(tax in)
2009年12月2日発売
※初回生産分のみの特典:2010年東京事変全国ツアーチケット先行抽選予約案内封入
 [予約受付期間]2009年12月2日~12月8日

<COUNTDOWN JAPAN 09/10>
日程:2009年12月28日(月)・29日(火)・30日(水)・31日(木)
会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール、イベントホール
※東京事変の出演は12月30日(水)のみ。

◆東京事変オフィシャルサイト
◆椎名林檎オフィシャルサイト「SR猫柳本線 Nekoyanagi Line」
◆東京事変 EMI Music Japanアーティストページ
この記事をツイート

この記事の関連情報