リンゴ・スターからのお願い

twitterツイート
リンゴ・スターはこの先、ファン・レターも読まなければ、ファンからのサインの求めにも応じないそうだ。ファン・レターはゴミ箱行きになるので送らないで欲しいという。オフィシャル・サイト(Ringostarr.com)にリンゴ直々のビデオ・メッセージが掲載された。

◆リンゴ・スター「Sorry, No More Signing Stuff」

「これを見ているみんなに重大なメッセージがある。10月20日以降、どの住所であれファン・メールを送らないで欲しい。10月20日以降は、どんなものにもサインしない。封筒にその日(のスタンプ)があったら、投げ捨てる。ピースとラブの思いと共に、通告してる。やることがありすぎるんだ。だから、ファン・メールはなしだ。ありがとう。サインもなしだ。全てなし」

「ピース&ラブ」が繰り返されているものの、かなりきついメッセージ。リンゴの鼻のアップからスタートするビデオは、最初は冗談のように思えても、その後の口調と表情を見れば、彼が真剣、かつ頑なにファン・レターやサインを拒絶しているのがわかる。

リンゴはこの春、TV番組で「リバプールに恋しいと思うことはなにもない」と発言し、地元の人々を憤慨させた。その後、リバプールのSouth Parkway駅に設置されていた等身大のリンゴ・スター人形(庭木を刈り込んだもの)の頭部が切り落とされるという出来事があった。
◆iTunes Store リンゴ・スター(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報