ジェット機、過去と現在が一望できるスペシャルなベストアルバム『BEST』&最新ミニアルバム『MUST』リリース大特集

ツイート

ジェット機 ベストアルバム『BEST』&最新ミニアルバム『MUST』リリース大特集

ジェット機の過去と現在が一望できるスペシャルな2枚 ライヴで培われてきた極太のロックミュージックがここにある


――今回はデビュー5年で初のベスト盤と、新作の同時リリースという形ですね。

宮田ジェット:ベストは、今がちょうどいい時期かなと思ったんですね。自然の流れで。だったらベスト盤だけではなく、新作も作って一緒に出すのがいいかなと。

――ではまず、『BEST』のほうからお話を聞きましょう。

宮田ジェット:この選曲は野田くんが決めたんです。

野田ジェット:いやあ、まさかこのメンバーの中で、僕にそんな権限を託していただけるとは。テーマ的には、今までのジェット機の作品の中で、“どれを最初に聴いたらいいですか?”と聞かれることが最近多いので、名刺代わりの1枚ということですね。シングルで出した曲、アルバムのリード曲、ライヴでメインになる曲ということで選びました。

akkinジェット:ベストなので、「できたぜ~」という感慨はあまりなかったんですけど、聴いてみると、ライヴでさんざんやってる曲ばかりなのに、すごい新鮮でしたね。これからも、より一層引き締めて頑張りたいです。デビュー5年目で、いい意味でポイントを作れたと思います。

川西ジェット:僕はいつも、自分たちのアルバムをよく聴いてるんですけど(笑)、エンジニアさんの違いや時代の違いによって、音が違うんですよね。それがベストになって、マスタリングし直して同じ土俵に並ぶことで、新鮮な気持ちが出てきますね。

宮田ジェット:ジェット機はライヴあってのジェット機なので。このアルバムを聴けばライヴが見えるし、ジェット機がわかる。ジェット機はどういうバンド? と聞かれた時に、このベスト盤は今までの全部を総括してると思うし、ここで出せて良かったなと思います。新作の『MUST』があることで『BEST』が生きるし、新しい挑戦と今までやってきたことと、2枚で一つという感覚があるので。

――それぞれ、『BEST』の中で特に思いいれのある曲を挙げるとすると?

野田ジェット:どれも思い入れがありますけど、「赤いヒヨコ」と「Fly high」はすごくジェット機っぽいなと思います。そこがスタート地点だったと思うし、今もライヴで、ほとんどその2曲は外れたことがないし、何千回もやってると思うんですけど、いまだに飽きてないのがすごいなと。

川西ジェット:「Sensation」かな。こういうブギーみたいな曲を、古臭くなく普通にできるというのは、このバンドならではだと思いますね。時代感があまりないというのが素敵ですね。

akkinジェット:僕は…1曲目の「take off」ですかね。これが一番多くやってると思うんですけど。

――そうですね。ライヴのオープニングSEですから(笑)。

akkin:最後のマスタリングをしてる時に、野田ジェットの案で入れることになったんですよ。これが入ることで、よりライヴっぽくなったと思います。

宮田ジェット:「赤いヒヨコ」かな。僕の歌のスタイルも、これによってすごく広がったし、歌詞の世界も深いし。この曲と出会って自分が成長できた感じがするし、思い入れがあります。

 

――では新作『MUST』の話に移りましょう。

宮田ジェット:今回のコンセプトは、自分の曲は詞も自分で作ってプロデュースするということ。いつもは、誰かが作ってきた曲をみんなでアレンジして作るわけですけど、今回はあえて、作者の人が“こうやってくれ”というものに従うというか、それが新しい挑戦だったんですね。自分では絶対書かない歌詞を、自分が歌うことでどうなるのかとか。結局僕が歌えば僕になるんですけど、そういう挑戦をすることが僕の中でのロックというか、初めての作り方をしてみて、非常に良かったですね。

――宮田さん曲は3曲で、1曲目の「GOING MY WAY」は、いきなりヴォーカルが機械処理されたヘヴィな曲で驚かせてくれます。

宮田ジェット:ああいうラジオ・ボイスみたいにすることによって、よりカッコいい曲になったと思います。「dreamin' loser」は最初弾き語りで作って、自分のイメージ通りに“こんなふうに弾いて”って、ギターとベースを合わせて作っていって。「PARADISE」は会場限定で売っていたCDの中から引っ張ってきたので、書下ろしではないんですけど。

――野田さんは「GAME OVER」を提供してます。ミッドテンポのメロウな曲ですね。

野田ジェット:ジェット機はライヴをずっとやっていたので、ライヴを意識して曲を作ることが多かったんですけど、今回は各自が好きなことをやるということで、あまりライヴを考えずに作ってます。キーが異常に高いんですけど、それを宮田さんに歌ってもらうとどうなるんだろう?ということが知りたかったんですね。

宮田ジェット:ファルセットと地声の間ぐらいなんですよ。なかなか、いい感じでこの声を出せる日は多くないんですけど、たまたま調子のいい日だったので。

――akkinさん曲は「peak」。速くてキャッチーなロックナンバーです。

akkinジェット:僕の曲は難しいといつも言われるので(笑)。難しくしようと思ってるわけじゃないんですけど、伝わりにくいのは嫌なので、よりシンプルでわかりやすい曲を目指しました。昔からあったメロディと、新しいギターのリフとを合体させて作りました。

――ラストに入っているのが川西さんの「MADDER RED SKY」。明るいロックナンバーに、男女の人生の哀愁を感じさせる摩訶不思議な詞が乗ってます。

川西ジェット:僕の曲は昔から、変な曲が多くて(笑)。こういうチャンスでもないとやらないんですけど。宮田ジェットの歌詞の世界観とはまったく違っていて、僕の中でも徹底的に虚構的な歌詞だと思うんですけど、それを歌ってもらったらどうなるかな? というのが聴いてみたかったんですね。そしたら、こんなことになりました(笑)。

宮田ジェット:面白かったですよ。いつもだったら、そこの歌詞は直してくれとか、歌い回しも変えたりとか、みんなでぶつかりあって絞っていくんだけど、それをやることによって薄まっちゃうこともあるので。今回は徹底的に言われた通りにやることによって、振り切れたものや、本当の芯の部分が出てきたんじゃないかな。昔は、自分らしくやることが芯が通っていると思っていたんだけど、今はそうじゃなくて…音楽には正解がないんですよ。今回は、その人の作った世界観を歌いきることに真実を見出そうとしたんですね。あとは聴いてもらった人が、好きか嫌いかは決めてくれればいい。それも、『BEST』があるからこういう挑戦ができたというか、ベスト盤がなかったら、“そういうふうに思われちゃ困る”という不安のほうが大きかったかもしれないけど、ベスト盤という、自分たちで自信のある柱があるので、“こういうこともできるんだよ”というのが『MUST』なんですよね。2枚合わせて、今のジェット機ということだと思います。

――では最後に、11月7日から始まる「BEST MUST BURST TOUR」について、代表して野田さんに抱負をお願いします。

野田ジェット:もう本当に、このライヴを見に来ないと不幸になります…って、脅してどうする(笑)。それは冗談で、名刺代わりの『BEST』ができたことで、あらためて新鮮な気持ちでライヴに臨む気持ち満々なので。このツアーでは、一番ノリにノッてるジェット機が見られること間違いなしです。ライヴ会場に来てもらえば、楽しんでもらえることを保証しますので。お若い方からお年を召した方まで、みなさんが自由に楽しめる空間が必ずそこにあるので、一度ぜひ足を運んでもらえるとうれしいです。

* このインタビューは10月9日に行われました。

取材・文●宮本英夫

 
 
この記事をツイート

この記事の関連情報