年末年始特集 BARKSゆく年くる年2008-2009~2月編~

ツイート

1月に引き続き、2月も波乱な月でした。1月末に起こった倖田來未の発言に関連したニュース記事が1位。さらに特集で1位のsmorgasは、MCの来門が大麻所持により逮捕(不起訴処分)されたのを受けてのこと。

グラミー賞で5冠の脅威の新人、エイミー・ワインハウスや2007年6月にケヴィンが脱退して以来、初の日本公演となったバックストリート・ボーイズといった話題が賑わせる中、BARKSに一際シュールな風を吹かせたのが板尾創路。なぜこのタイミングで板尾? しかも<今田はナウ・ロマンティック~♪>のKOJI1200でおなじみ(?)テイ・トウワがプロデュースという、無駄な豪華さ。そしてクセになるほどミステリアスな楽曲「少年B」もさることながら、くわえタバコで消防車を運転する板尾消防士が<燃えろ 燃えろ>と口ずさむPV映像もかなりのインパクト。今改めて見ても、やっぱりシュールすぎます。

さらにBARKSにはこの月、想定外な動きが。誰がBARKSにキャバ嬢の映像が投入されることなど想像できたであろうか? 現役キャバ嬢たちからの動画コメントは、皆さんはもちろん、編集部男性スタッフからも大きな注目を集めた。ちなみに、一条葵ちゃん、実物は本当にお人形さんのようでした。

試聴ランキングで注目されたのは、音屋吉右衛門(おとやきちえもん)の「ヤッターマンの歌」。この楽曲を作曲した山本正之氏との間で世間を騒がせたりもしましたが、この曲、これはこれで味があっていい感じだと思うのですが…。

特集ランキングでは、2009年1月をもってアーティスト活動からの引退を表明したmelody.のシングル「遥花~はるか~」の特集がランクイン。これまでとはイメージを変えてきたメロディアスなナンバーによって、melody.としてまた新たな面が今後打ち出されていくのかと期待していただけに、引退は残念。とはいえ、これからはもうひとつの夢だったファッション業界での活躍を期待しています!

最後に写真ランキング。こちらもキャバ嬢のセクシーで可愛い写真にアクセス殺到。さらに中田ヤスタカプロデュースだった鈴木亜美の可愛くてオトナな姿にもアクセスが集まりました。3位については…あえて触れません。見てみてください。

この記事をツイート

この記事の関連情報